借金夫との離婚で元妻と親が復讐!後悔しない準備と財産分与とは?




みんなの離婚体験談!実際に離婚経験した方・離婚に悩んでいる方のお話を紹介するコーナーです。
こちらでは、こひつじブログの運営者が実際に聞いた話、寄稿していただいた本当にあった離婚体験談を綴っています。

今では3人に1人が離婚すると言われていますが、離婚の理由は人それぞれ!

全く同じ境遇で同じ悩みというのは少ないですが、似たような理由や考え方の人がいると安心できたり参考になることも多いです。もしもあなたが離婚すべきか悩んでいるならぜひ参考にしてみてください。

今回は夫の借金が原因で離婚したマミさんの体験談。

借金が発覚して離婚に踏み切る人は多いのですが、きちんと準備をしていないと慰謝料や養育費どころか大変なことに。

マミさんと両親の行った復讐劇や、後悔しないための離婚準備や財産分与とは?

スポンサードリンク

お金にだらしない夫

私の旦那は前からお金に対する意識が低い方でした。

私が妊娠して働けなくなったときも、夫の給料は家賃以外何も残らなかったので生活費は私の給料から出していました。

私も当時は働いていましたが、出産のため産休に入り収入が減りました。
そして当然、子供が生まれたのでミルクやオムツ代など出費も多くなりました。

出産にかかった費用ももちろん全て私持ち。多少の貯金はありましたが、やはり一度に何十万も費用がかかったのであっとゆうまに貯金が底をつきました。

それでも夫は結婚前と変わらず、好きなようにお金を使い、払うのは家賃だけ。

さすがに「このままではまずい!」と感じ、私がカードも通帳も全て預かってお小遣い制にし管理するようにしました。

そうしたらちょっとずつですが貯金が出来るようになりました。

(あぁ、これでなんとか生活していける・・・)

そう安心したのもつかの間、私が里帰りしたときにパチンコに行っていたらしく、家計のお金を5万も持っていかれました。

家計簿はつけていたのですぐにそのことはわかりました。

お金にだらしない、出産しても変わらず家庭にお金を入れないと私から散々怒られて節約や我慢をしてくれるようになったと思っていました。

しかし、実際は違いました。

 

借金まみれの夫

結婚してからもお金にルーズだった夫の改心は全て嘘だったのです。

お小遣いも月に2万くらいでやりくりしてくれるようになったと思っていたのですが、本当は借金があったのです。

里帰り中に5万円持っていったことが発覚した時に、怪しいものがないか主人の財布を確認しました。

そして、借金の借用書を見つけてしまいました。

よく見てみると返済額が400万になっていたのに呼吸が止まるほど驚いたのを今でも忘れられません・・・。

期間を見てみると、お金を借り始めたのはお小遣い性が始まるもっと前。自分が好き勝手にお金を使い、家には家賃しか入れていない頃からでした。

もう本当にビックリして主人に電話をしたのですが、出てくれなかったので職場まで電話をして替わってもらいました。

主人は最初から最後まで「友達のだから俺じゃない!」と言い張っていました。

しかしそんな友達の物を持っているわけがないのに、この人はなんて本当に頭が悪いんだ、と呆れてしまいました。やはり金遣いが荒い人はいつまでたっても直らないということがよくわかった瞬間だったと思います。

スポンサードリンク

後悔しない離婚準備

子供が1歳だったので離婚しようか迷いましたが、ありがたいことに私の両親は現役で働いていたためお金もあり、「2人増えても生活できるから実家に戻って来なさい。」といってくれました。

育児休暇中だったので復帰すればなんとか子供1人を育てていくことはできるかな・・・とも考えましたが、やはりまだ子供が小さいこともあって両親のサポートも受けられる実家へ戻ることにしました。

離婚すると決めてから大事だと感じたことは、

・住む場所

・収入源

・働く時の保育園の確保

です。特に実家を頼れない場合は、今の家に住んで夫に出て行ってもらうのか、新たに賃貸を借りるのかでもかかってくるお金が変わってきます。

仕事をしていない専業主婦の場合は仕事も探さなければ保育園も入れません。

私の場合、実家に帰ることでそれまで働いていて育児休暇中だった会社は退社することになりました。

夫の借金が原因で離婚するので財産分与も慰謝料も見込みはなかったので、とにかく衣食住の確保を最優先しました。

普通離婚する時に行う財産分与では、婚姻期間に夫婦が協力して貯めた財産は、名義に関係なく財産分与として公平に分配できます。

しかし財産がなければ何ももらえません。

そして借金が原因での離婚の場合、最悪子供にまで借金が背負わされる可能性がある、という話を聞いて恐ろしくなりました。

そんなことにならないために対策と、夫への復讐劇を決めました。

元妻と両親の復讐劇とは?

借金が原因の離婚で最も恐ろしいのが、借金が子供に相続されてしまうということです。

離婚した相手がもしも死亡した場合、子供は親の財産を相続できる立場になります。財産だけでなく負債、つまり借金も相続されてしまうのです。

「そんなことがあってたまるか!」

と、元夫はまだまだ死亡するような年齢ではないのですが念には念をということで、離婚が得意が弁護士さんに相談しました。

相手に離婚を切り出す前から、離婚や財産分与に精通している弁護士に相談をしたことでリスクやマイナス要素を減らすことができました。

そして離婚する時には、両親が元夫に自己破産をさせ、周囲の皆からの信頼がなくなるようにしてくれました。

 

まとめ

夫の借金から離婚を決めたマミさんの体験談でした。

借金が原因で離婚するとなった場合、養育費や財産分与どころか負債まで抱えてしまうリスクがあります。

とにかく早く別れたい!という場合にも、感情だけで焦らずにしっかりとした準備をすることで後悔しない離婚ができるのではないでしょうか。