文在寅(ムン・ジェイン)の海外の反応!ぼっちで無能?発言が迷走!

ここ最近日韓の関係は以前よりもざわついていて、政治に詳しくない人も

「一体どうなってるの?」

と感じている人は多いですね。

 

問題は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領。

どうやら一癖も二癖もある人物のようで・・・。

 

実はスパイ?

反日?

ぼっちと言われているのはなぜ?

海外の反応もまとめてみたよ!

スポンサードリンク

文在寅(ムン・ジェイン)ってどんな人?

出典:ライブドアニュース

文在寅(ムン・ジェイン)

生年月日: 1953年1月24日 (64歳)

生まれ: 韓国 巨済市

学歴: 慶熙大学校

 

顔だけ見るとかなり大御所感がありますね^^;

最終学歴の「慶熙大学校」は、日本の大学で言うと日東駒専レベル。

大学卒業後に弁護士資格も取得したそうで、1982年に弁護士であった盧武鉉氏と共に合同法律事務所を開設し、その傍で時の全斗煥政権に反対する民主化運動に取り組んでいます。

 

家族は、長年連れ添っている奥さんと、息子、娘がいます。

 

ぼっちで無能と言われる理由

就任当時はかなり期待値の高かった文在寅(ムン・ジェイン)大統領。

それが今では

「ぼっち」

「無能」

なんてよろしくないイメージがついてしまっているようです。

この年齢でぼっちとかぼっち飯とか悲しすぎるわ!

韓国の歴代大統領は、自らの政策に批判的な人物をよく食事に招いていたそうなのですが、文在寅の主催した食事会の回数が未だに100回程度ということでかなり少ないことが話題になりました。

いわゆる自分の味方や側近たちとしか食事しないタイプの人間か。

さらに、G20記念撮影では他の国の人から全く話しかけられず、それが全世界に配信されてしまったため再び「ぼっち」の印象が定着。

かつては外交の天才とまで言われていた人物なのですが・・・なんか嫌われてるみたいですね。

スポンサードリンク

海外の反応は?

最近の韓国は、

「天皇陛下への謝罪要求」

「元徴用工」の異常判決

海上自衛隊機へのレーダー照射

 
など、度を超えてきている反日運動が問題になっています。

 

 
 
「親日を清算し、独立運動にしっかり礼を尽くすことが、民族の精気を正しく立て直し正義のある国に進む始まりだ」

 

 
なんて言葉も飛び出しています。
 
日本嫌いすぎますね。

 

海外の反応をまとめてみると、
レーダー照射の問題や、北朝鮮を擁護する姿勢については表立って批判しているところはありません。

 

ただ、フランスは、「レーダー照射」で、経済制裁を受けている北朝鮮が、海上で「せどり」と呼ばれる積替えによる「密輸」を行っている事実を知って、「艦艇」の日本海への派遣を決定。
 
イギリスも同じく協力姿勢を示しています。
 
他にも、チェコを訪問した時にはチェコの大統領はお留守だったり、
 
フィリピンのドゥテルテ大統領は、フィリピンに設置された韓国の「少女像」を即座に撤去しています。
 
中国は、「高高度ミサイル迎撃システムTHAAD」の一件で韓国に激怒。
 

 

諸外国のこの反応の上で、G20での話しかけられないという事態なので、「呆れられている」というのが正解かもしれません。
 
アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮との関係が平行線なので「積極的な仲裁役を果たしてほしい」という要望はあるようです。
 
「隣国との外交で葛藤の要因を作ろうというのではない。親日清算も外交も未来志向的であらねばならない」
 
「力を合わせ(日本の朝鮮半島統治時代の)被害者らの苦痛を実質的に癒やしたときこそ、韓国と日本は心の通じる真の友人になる」
 
という発言には、
 
「え?どっち?」
 
「親日粛清したいのか、仲良くしないのか全くわからん」
 
という国民意見も多いですね。
 
捉え方は人それぞれですが、正しい歴史を知ってお互い真摯に向き合って欲しいですよね。
 
 
 
過去の歴史ももちろん大事だけど、若者たちのこれからも考えてほしい!
 
日韓の関係回復を切に願います・・・・。
 
関連記事: