獣になれない私たちの社長はパワハラ?イライラして面白くないの声!

2018年10月ドラマ「獣になれない私たち」がいよいよスタートしました!

主演は大人気女優の新垣結衣さん、そして松田龍平さん。

脚本はなんとあの『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子さんが担当しています!

ぞうたん

まさかのガッキーと野木亜紀子さんが再びタッグを組むのですが、逃げ恥が高視聴率だっただけにプレッシャーはすごそうですね!

ぺんぺん

他にも『空飛ぶ広報室』『掟上今日子の備忘録』でこの二人は一緒に仕事をしているんですよ

放送開始早々、新垣結衣さんの可愛さに癒されたのも束の間・・・

勤務している会社の社長がとんでもない人物でした。

九十九社長のしていることはパワハラ?

見ていてイライラするけど今後どうなっていくのかについて考察しました。

 

スポンサードリンク

 

獣になれない私たちのあらすじは?

 

出典:獣になれない私たち公式サイト

 

深海 晶(しんかいあきら)30歳。

「常に笑顔」で「仕事は完璧」、誰からも好かれ、愛されているオンナ。でも、それは彼女の身を削る努力で成り立っている事を誰も知らない。
仕事でも恋でもプライベートでも、みんなに気を遣いガマンし続けていたら、仕事では次から次へと仕事を任され、更にこき使われる。
彼氏も彼女の優しさに甘え続け、気づけば理想の女を演じている。
『私、何のためにこんなに頑張ってるんだっけ?誰かをすごく好きになって、素直に恋をしたいだけなのに』

根元 恒星(ねもとこうせい)33歳。

「世渡り上手」で「人当たりがよく」、女にモテる敏腕会計士。 でも本当は、調子よく振る舞っているだけで全てを冷めた目で見ている事を誰も知らない。
誰のことも信用しないし、無防備に人を愛せるほど馬鹿じゃない。
順調だった仕事は、思いがけずヤバイ案件に片足を突っ込み限界寸前。『もう、俺の人生、なるようになれ・・・』

そんな「心に堅い鎧を着込んだオンナとオトコ」が仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会ってしまった!!
赤の他人だからこそ2人が本音でぶつかる中で、傷つきながら自分らしく踏み出す姿を時に笑えるコメディで、時に切なくジリジリと描きます。

本能のまま「野生の獣」のように自由に生きられたらラクなのに…

脚本家・野木亜紀子が現代に生きる人々のリアルに徹底的にこだわって描く、「全ての頭でっかちなオトナ」に送る、新しいラブストーリーがはじまります!

出典:https://www.ntv.co.jp/kemonare/

 

スポンサードリンク

 

社長の九十九はパワハラ?

 
第一話を見て誰しもが感じたであろうこと・・・
 
それは晶の勤務先である ECサイト制作会社 の社長九十九の横暴っぷり!
 
通勤時間もおかまいなしに電話やライン。
 
怒鳴り散らすのは当たり前のような職場でやる気の部下の尻拭い。
 
晶の仕事ぶりに「秘書なのかな?」と思ったのですが、実は営業事務。
 
もはや営業事務の勤務内容を大きく超えている感が否めません。
 
 
九十九社長のしていることはパワハラなのでは!?
という声まで出ています。
 
厚生労働省のパワハラ対策総合情報サイトのデータによると現代のパワハラとは、「精神的な攻撃」が全体の55.6%を占めていて一番多いです。
例えば「役立たず」「会社を辞めろ」といった人格を否定するような暴言から、弱い立場の従業員が精神的ダメージを受けることを言います。
 
「過大な要求」は28.7%で、現実的に実現が困難な業務などを無理やり押しつけること。
 
「人間関係の切り離し」24.7%は、子どものいじめのように仲間はずれにすること。
 
「個の侵害」19.7%は、プライベートな部分に立ち入って批判すること。
 
「過小な要求」18.3%は、能力やキャリアを過小評価してわざと仕事を与えないこと。
 
「身体的な攻撃」(4.3%)は、蹴る、殴るなどの暴力ですが、目に見えてわかるパワハラは減っているようです。
 
新垣結衣さん演じる晶の場合、九十九社長から受けている行為を表すとしたら「課題な要求」に値するのかもしれませんが、現実困難というよりも、「お前がどうにかしろ!!」という業務過多のような気もします。
 
 
 

見ていてイライラするし面白くないの声!

 
 
 
獣になれない私たちの第一話を視聴した人たちから
 
「今会社にいたっけ?と錯覚してしまった」
 
「か~な~り!リアル」
 
「家に帰ってきたのに会社にいるかと思った」
 
など、同じような境遇で働く人の書き込みがネットに多く寄せられていました。
 
第一話のラストでは晶が服装をガラッと変えて社長に業務改善要求を突きつけるところで終わっています。
 
 
 
「獣になれない私たち」
 
タイトルと通り、「野生の獣のように自由に生きられたらいいのに」と感じているけど自由に生きられない複雑な人間の心が描かれています。
 
日本の現代社会に生きる人の多くが抱えている内容で共感する人も多そうですね。逃げ恥のようなラブコメディーとはガラッと違ったストーリーが楽しめそうです。

 

スポンサードリンク