穴見陽一議員の結婚相手の嫁や子供!実家はお金持ちで学歴が凄い?




電子タバコが普及して、従来のタバコを愛用する人たちの肩身が狭くなった〜なんて話を聞くようになりました。

電子タバコだと、多少匂いはするものの、非喫煙者でもそこまで気にならなくて個人的には嬉しい限りです^^

 

そんなタバコの受動喫煙対策の議論を巡って、

参考人として招かれたがん患者が意見を述べている最中になんとヤジを飛ばしてしまった議員がいるとニュースになっていました・・・。

 

ぞうたん
がん患者で、しかも参考人として「招待」されている人ですよね・・・?

よく議員同士の討論ではヤジが飛んでいるのを国会ニュースで見たりしますが、

まさかの一般人に向かって発言してしまった自民党の穴見陽一議員。

 

あまり知らない議員さんだったのでどんな人なのか調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィール

 

●氏 名:穴見 陽一(あなみ よういち)
●生年月日:昭和44年7月24日【現在48歳】獅子座
●身 長:186cm
●血液型:A型
●現住所:大分県大分市中島
●出身地:大分県佐伯市

 

現在: 衆議院議員(大分1区)
財団法人大分がん研究振興財団 理事

 

経歴:
 小学生時代に大分県佐伯市と大分市の3つの小学校に転校し大分市立硯田中学校を卒業
 1988年 大分県立大分上野丘高校卒業
 1989年 一浪を経て法政大学経済学部経済学科に入学
 1994年 大学に約6年在籍するが、中退
 同年、父が経営していた株式会社ジョイフルに入社し、ジョイフル荻原店の副店長に就任
 1997年 株式会社ジョイフルを退社し株式会社中国ジョイフルを設立、代表取締役社長に就任
 2002年 再び株式会社ジョイフルに入社し副社長へ
 2003年 株式会社ジョイフル代表取締役社長に就任
 2008年 株式会社ジョイフル代表取締役会長に就任
 自民党大分県衆議院選挙区支部長に就任
 2012年 第46回衆議院議員選挙で初当選
 現在、衆議院議員3期目

 

実は穴見さんと同じく第46回衆議院議員選挙で初当選した人の同期には、豊田真由子さんや宮崎謙介さんがいます!

ぞうたん
人呼んで、「魔の2回生」・・・

実家はお金持ちで学歴がすごい?

 

現在は議員としても活動していますが、実家の父親はジョイフル創業者の穴見保雄氏。

今現在のジョイフルはファミリーレストランですが、創業時は両親が営む小さな深夜営業の焼き肉屋でした。

ぞうたん
ちなみに『ジョイフル』というファミリーレストランは、九州では知らない人がいないほどのレストラン!

同社顧問(元社長)でアメイズ副社長の児玉幸子は叔母、

現社長の穴見くるみは妻、

アメイズ現社長の穴見賢一は実弟・・・

という一族の穴見さん。最初は両親の始めたやきにっくやがチェーン店化してかなりのお金持ちなのではないでしょうか!

 

スポンサードリンク

 

結婚相手の妻や子供は?

 

上記でも書いたように、結婚した奥様は『穴見くるみ』さんという名前で、
現在は株式会社ジョイフルの代表取締役社長をされています。

 

子供は3人、娘さんと息子さんがいるのですが、年齢は明らかになっていません。
ただ2014年に『息子の運動会がある』とフェイスブックに投稿していることから現在息子さんは小学生か中学生なのではないかと思います!

 

問題発言が衝撃!

 

今回問題になっているヤジが向けられたのはステージ4の肺がん患者で、

日本肺がん患者連絡会理事長の長谷川一男さん。

日本維新の会の浦野靖人議員が、屋外で吸うことに対する考え方を質問し、それに答えていた時です。

長谷川さんは「原則としては屋外でもなるべく吸ってほしくないというのが肺がん患者の気持ちではある」と述べたうえで、「やはり喫煙者の方がどこも吸うところがないじゃないかとおっしゃるのもすごくよくわかります」と喫煙者の思いにも配慮した発言をした。

その直後に、議員席に座っていた青いシャツ姿の議員から「いい加減にしろ!」とヤジが飛んだ。

別の自民党議員はヤジを飛ばす議員を見ながら笑っていた。

「こんな人が国民の健康を守る法案を審議しているのか」
ヤジを言われた瞬間は何を言われているのか理解できなかったという長谷川さんは、

その後、残念な気持ちが湧き起こってきたと話す。

「私以外の受動喫煙に反対する医師にも文言はわかりませんがヤジを飛ばしていました。一部の国会議員は、意見を聞くために呼んだ参考人に対しても、自分の意見と違うとヤジでプレッシャーを与えるものなのかと驚きました」

「こういう人が、国民の健康を守る大事な法案を審議しているのかと思うと残念でなりません」

やはり参考人として呼ばれ、長谷川さんの隣の席に座っていた全国がん患者団体連合会理事長の天野慎介さん(44)も、長谷川さんにヤジが飛ばされたことに、一瞬耳を疑った。

「参考人として招かれ、体調が良くない中をおして出席したがん患者に、ヤジを飛ばすとは驚きましたし、悲しく信じられない気持ちでした。受動喫煙対策はマナーの問題に止まらず、国民の命や健康に関わる問題であり、受動喫煙に苦しむ患者やこれから苦しむかもしれない国民のためにも、真摯に向き合った議論をしてほしい」と話している。

自民党の別の議員によると、穴見議員は喫煙者だという。

 

議員が他の議員に対してプレッシャーをかけるためにヤジを飛ばすシーンはよくみますが、

それと同じ感じで言ってしまったのか、それとも誰かに言わされたのか・・・

ちなみに穴見陽一さんが会長を務めるファミリーレストランジョイフルは、
2016年から店内分煙化しています。
そして・・・・なんと平成24年から「財団法人大分がん研究振興財団」の理事も務ているんですよ。
そんな肩書きを持ちながらの今回の行動に支援者はがっかりしたのではないかと思います。

何れにしてもここまでニュースになってしまったので、

なんらかの形で謝罪するのではないかと思います。

スポンサードリンク