王貞治の再婚相手の妻の画像や遺産は?理恵との不仲説を暴露!




野球界の重鎮、ソフトバンクの王貞治球団会長が再婚したことが発表されましたね〜!

最近ご年配の有名人の名前が速報に流れると、訃報なんじゃないかとドキッとしてしまうのですが、今回はハッピーな内容で何よりでした^^

 

王さんといえば3人の娘さんがいるお父さんでもあるのですが、

その娘さんたちのお母さんである前妻は1966年に亡くしてしまっています。

 

再婚相手の女性とはもう10年来のお付き合いで、

事実婚状態だったことは有名ですがここにきて「再婚」に踏み切ったのは単なるけじめだけではないのでは?

 

とも言われています。

 

王貞治さんの再婚相手の奥さんは一体どんな人なのでしょうか?

そして以前から娘の理恵さんが再婚に反対していることは有名だったのですが、娘さんたちとの関係は?

 

サクッとまとめてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

報道の内容

 

 

 

「日頃から皆様方には大変お世話になり、誠にありがとうございます。私事で恐縮ですが、このたび10年来生活を共にしておりました一般女性と入籍しました。これからも二人で、充実した日々を過ごしてまいりたいと思いますので、今後とも温かく見守っていただけますようお願い申し上げます。急なうえ、シーズン中の個人的なご報告になり申し訳ござません。簡単ではございますが、書面にてご報告とさせていただきます」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00134393-fullcount-base

 

ぞうたん
野球界の一時代を築き上げた王さんももう78歳なんですね〜。

 

 

再婚相手の奥さんの画像は?

 

 

 

2015年にフライデーで撮られていた女性と同じなのですが、雰囲気的にとても優しそうで品のある感じがしますね!!週刊誌には稲田朋美似美女なんて書かれていました。

 

老舗料亭の娘として育ち、老舗料亭の女将として働いている時にお客さんだった王さんと知り合ったそうです。

王さんよりも10歳年下ということなので現在68歳の奥様。

 

「僕には必要な人なんだ」

 

そう答えていて、一緒に過ごしている年数から考えてもお互い生涯のパートナーとして決めていたのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

遺産や娘とは不仲?

 

 

年齢も年齢ですし、王さんは今でもバリバリお仕事をしているので、 不躾ですが相当な遺産があるのではないかと言われています。

 

10年ほど事実婚をしていて、今のままでも何も変わらないと思われがちですが、
籍を入れているのといないのではかなり違ってくるんです。。

 

 

法定相続人とは、読んで字のごとく法律で定められた相続人のことです。 故人の配偶者、直系卑属、直系尊属、兄弟姉妹が法定相続人となります。 直系卑属とは故人から見て子や孫、直系尊属とは故人から見て親や祖父母になります。 このうち、相続において最も有利なのは配偶者です。 配偶者とは法律的に婚姻の届け出をしている妻または夫のことです。 たとえ結婚式を挙げていても、長年連れ添っていても、2人の間に子供がいても、婚姻届が受理されていない限り配偶者ではありません。 血が繋がっていないのに法定相続人となれるのは配偶者のみであり、内縁の妻は法定相続人と認められていないのです。 引用元:https://xn--hckh0k432otmgyp1bvyji50a.com/souzoku-11219.html

 

事実婚、いわゆる内縁の妻というのは法定相続人になることはできません。

 

王さんも自分の年齢を考えてその辺りも整理したくてのけじめ、だったのではないかと思います。

 

一般的に遺産目当ての結婚、なんて言葉をたまに聞きますが、
ものすごい年の若い奥さんというわけではないし、遺産目当てだったら10年も身の回りの世話できないですよね。

 

 

王さんの娘さんたちもそれぞれ家庭に入っているので、
こうして父親の面倒を見てくれる人がいる方が安心できるんのではないかなぁと思います。

 

それに再婚相手の奥様も老舗料理屋の女将として働いていたので、 別にお金には困っていないでしょうしね。

 

娘さんの王理恵さんが結婚に反対していたのでは? なので結婚が今になったのではないだろうか?

 

そんなことも言われていますが、
最初は良く思っていなくて不仲だったかもしれないし、お母さんのことを考えたら複雑だったのかもしれないですが、ここまできたら再婚を認めていて欲しいところですね。

 

 

昼ドラとかで、後妻と実の子供との遺産バトル・・・・
なんてありそうですけど、そんな風にならないことを願います。

 

 

スポンサードリンク