栗城史多の死因は遭難か病気?単独登山や嘘つきと言われた理由が衝撃

登山家の栗城史多さんがエベレスト登頂を目指している途中で死亡した

という訃報が入ってきました。

 

今回8度目のエベレスト登頂に挑戦していたという栗城さん。

 

登山家の間では栗城さんの無謀な挑戦に

「やめたほうがいい」

といった声も多かったようです。

 

私は登山のことには詳しくないのですが、

エベレストを登るのにチームは複数で行かずに

たった一人で行って、たった一人で下山することって

普通にあり得るのでしょうか?

 

栗城さんが亡くなってしまった死因や持病について

そして生前、単独登山にこだわっていた理由などについても

調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

報道の概要は?

 

 

 

 

登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが21日、エベレスト登頂を目指している途中で死亡した。35歳。北海道出身。4月17日から8度目のエベレスト登頂に挑戦していたが、体調不良で下山途中だった。栗城さんの公式フェイスブックなどで所属事務所が遺体で発見されたことを発表した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000130-spnannex-ent

 

 

公式ブログでは

「(栗城中継班より)栗城は体調が悪く、
 7400メートル地点から下山することになりました。

 今後の行動は未定で、栗城が無事に下山して状況が分かり次第、

 お知らせいたします。

 皆様からの応援、本当にありがとうございます」

と報告されていました。

 

 

この登頂ではAbemaTVでエベレスト登頂の様子が

生中継される予定だったのですが、

もちろんそれも中止。

 

体調不良で下山している中での死亡。

 

「下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、

 暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから

 キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、

 先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」

 

と、所属事務所は遺体発見の経緯を語っていて、

中継があることから完全な単独で登っていたわけではないようです。

 

撮影隊がまだ近くにいたからこんなに早く発見できたことでしょうし、

もしも本当にたった一人で挑戦して同じことになっていたら

もっともっと発見が遅れていたでしょうね・・・。

 

 

 

死因は遭難?病気?

 

 

 

体調不良で下山を決めたという栗城さん。

死因は一体なんだったのでしょうか?

 

登山での死亡事故について考えられるのが

 

「低体温症」

「凍傷」

「遭難」

 

などですが、もともと病気ではなくても
環境の変化で体調不良になってしまって、それが原因だった可能性が高いです。

 

まだ詳しい死因は特定されていないのですが、

登山をしたことのある人たちの中では

 

「事故かもしれないけど無謀な登山は自殺行為」

 

など、栗城さんの挑戦が本当に厳しいものだったことが

伝わってきます・・・。

 

山を舐めたらいけないってよく聞きますよね。

 

過去に栗城さんはイベントで語っていたことでも、

 

「人間が生存不可能と言われている標高は8,000メートルと言われています。
そこから先はデスゾーンと言って、本当に遺体が出てくる標高なんですね。

 

酸素は3分の1で、気温も−35℃になって、
風速30メートルぐらいの風がバンバン吹くので、
体感温度は−60℃ぐらいなんですよね。

 

もう1つ怖いのが、実は一番やっちゃいけないことは……
寝ちゃいけないんです。寝れないんですよ。

 

なぜかというと、7,500メートルより先は酸素が薄くなりますので、
人間は寝てるときが呼吸が一番少なくなるんですよね。

 

そうすると、調子が悪いと翌日にもう動けなくなってしまう可能性があるわけです。」

 

 

体調不良になってしまうとどんなに危険なのか本人のわかっています。

 

自分が語っていたことが身に降りかかってしまうなんて、
なんだか苦しくなりました・・。

 

 

栗城さんは12年秋に4度目の挑戦となったエベレスト西稜で

両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失っています。

 

そんな中でも14年7月に中国・パキスタン国境のブロードピーク

(標高8047メートル)に無酸素・単独登頂して復帰を果たしたことも

有名で、こんな体でずっと挑戦し続けることはある意味すごいことだと思います。

 

 

登山はおろか、雪山とかすら想像でしかないですけど、

テレビでイモトが挑戦しているのを見ると、

普通に体調が整っていても大変そうだしきつそうなので、

それで指がないのに・・・って言い方は良くないかもしれないですが

そこまでして登りたかった、挑戦したかった、

という気持ちは真似できるものではないと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

単独登山にこだわる理由は?

 

 

 

栗城さんの登山スタイルは、

 

単独無酸素登山

 

というのが有名でした。

 

メディアにも、そういったプロモーションで話しているので、
普通の登山かからは「無謀だ」と言われていたようです。

 

栗城さんの座右の銘は、

 

「酸素があればなんでもできる」

 

なんて言っていましたが、
そんな栗城さんが無酸素のこだわる理由は、

 

 

「人間が登ることができる限界高度は7500メートルと言われているんですね。そこから先は『デスゾーン(死の地帯)』と言われていまして、酸素ボンベがないと苦しい世界なんですけど、そこを僕はあえて、酸素ボンベを使わずに登っていくんですね。僕は使ったことがないので、よく分からないんですけど、酸素ボンベがあると、体は楽なはずなんですよ。だけど、酸素ボンベがあると、標高の半分ぐらいまでしか行けないんですね。8000メートルの山だと、4000メートルまでしか行けないということですよね。それだと、ちょっとつまらないんじゃないかなって思うんです。僕はやっぱり、8000メートルの標高を感じてみたいんですよね。寒さや苦しさなど、8000メートルの世界を受け止めて、山を登ってみたいと思って、無酸素にこだわっているんです。」

 

 

と、単純にチャレンジしたい、という気持ちからなのかなと思いました。

 

嘘つきと言われてしまっている理由については、

 

・単独無酸素とメディアにうたって、スポンサー集めをしている
・荷揚げ、ルート工作、キャンプ設営、食事の用意、ルート指示をするスタッフが実際にはいる

 

などなど、実際に完全に一人ではないから単独ではない!!
だから「嘘つき」なんて言われてしまっているようですね^^;

 

 

ただそう言った理由があるにせよ、
持ち上げ過ぎてしまっていたメディアにも原因があるのでは、
とも言われていますね。

 

 

とても残念な結果になってしまいました。。
ご冥福をお祈りします。

 

スポンサードリンク