はしか(麻疹)予防接種1回世代の年齢!抗体や効果はいつまである?




感染力が強く定期予防接種も行われている 麻疹(はしか)

 

愛知県内で感染者が急増していて、

新たに名古屋市の中学生2人がはしかに感染していたことがわかりました。

 

はしかは、感染力の極めて強いウイルスが起こす感染症で、
免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症する。

空気感染では、同じ部屋や電車の中にいるだけでも感染することがある。

というなんとも怖いウイルスです・・・。

 

そしてその予防接種の実施方針が結構変わっていて、

1回だけの世代

2回の世代

と、分かれています。

 

 

1回だけだと抗体がなくなっている可能性がある

ということで、予防接種が1回だった世代の年齢や、

抗体がなくなっている可能性や、予防接種1回につき

効果はどれくらい持続するものなのか調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

麻疹ってどんな病気?

 

 

 

 

感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。

2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。

肺炎、中耳炎を合併しやすく、
患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。

死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。

その他の合併症として、10万人に1人程度と頻度は高くないものの、
麻しんウイルスに感染後、特に学童期に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)
と呼ばれる中枢神経疾患を発症することもあります。

近年は麻しん含有ワクチンの2回接種が行われ、
麻しんに感染する方の人数は減っています。

 

ちなみに麻疹と調べると麻しんと書かれていることがあるのですが

「麻疹

「麻しん」

「はしか」

はいずれも同じで、

「麻疹(ましん)」と書いて「はしか」とも読み、一般にはこちらの方が知られています。

医学用語では「麻疹」、行政用語では「麻しん」が使用されています。

 

予防方法!

麻疹は、接触、飛沫、空気 (飛沫核)のいずれの感染経路でも感染します。麻疹ウイルスの直径は100~250nmであり、飛沫核の状態で空中を浮遊し、それを吸い込むことで感染しますので、マスクでの予防は難しくなります。唯一の予防方法は、ワクチン接種によって麻疹に対する免疫をあらかじめ獲得しておくことです。

引用:https://www.niid.go.jp/niid/ja/id/655-disease-based/ma/measles/idsc/549-measles-qa.html

 

 

みても分かる通り、マスクしても予防が難しいとあるので

感染した人が出た場合にはとにかく二次感染しないように

抗体がない人は接触を控える必要があるようです。

 

昔は予防接種がなかったので、

「はしかは命定め」なんて言われ、

はしかは命がけで乗り切る病気でした。

とても怖い病気なので、予防接種本当に重要なんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

予防接種が1回世代の年齢は?

 

 

はしかワクチンは、1978年から定期接種となり、

子どもを対象に接種が進められてきたのですが

当初は1回だけの接種とされていました。

しかし、実は、1度だけの接種では免疫がつかない人が

5%未満存在することなどがわかっています。

 

はしかワクチンの2回接種制度は、

2006年4月から1歳児と小学校入学前の幼児を対象に行われるようになりました。

 

さらに2007年に発生した10代〜20代の人を中心にしたはしかの流行を受けて、

2008年度から2012年度の5年間に限っては、

中学1年生と高校3年生相当年齢の人に追加で

2回目のワクチンを接種する制度が導入されています。

 

つまり1990年4月2日以前に生まれた人、

2018年の時点で28歳以上の年齢の人が予防接種1回世代となっています。

 

そして40代以上の世代は予防接種自体受けていない世代となります。

ただし2007年に流行した時にも40代以上の感染者は少なく、

ほとんどが若者でした。

 

この理由は、40代以上の人は

麻疹(はしか)の予防接種が義務化されていなかったので

今までに自然感染していて抗体を持っているからだそうです。

 

はしかは感染力が強く、抗体がない人は周りで流行ると確実に罹患してしまいます。

そして罹患して身につけた抗体は、予防接種よりも定着しやすいのです!

 

一般的には抗体があるかないかはこんな風に分かれています。

 

1~27歳 ・・・麻疹(はしか)ワクチン予防接種2回義務世代  ほぼ抗体有り
28~39歳・・・麻疹(はしか)ワクチン予防接種1回義務世代  抗体有り・無し混在
40歳以上 ・・・麻疹(はしか)ワクチン予防接種無し世代    ほぼ抗体有り

 

 

 

予防接種の効果は抗体はいつまで持続する?

 

 

 

麻疹ワクチンの抗体の持続時間は15年ほどと言われていますが

15年経ったとしても抗体価はほとんど減らないという結果もあるようです。

 

抗体があるかどうかは病院の血液検査で調べてもらうことができますよ!

抗体検査に健康保険は適応外です。

かかる費用は4000円から6000円程度。

 

その検査結果で

抗体がなかったり抗体値が低かった場合は

予防接種を受けた方がいいです。

 

ちなみに私は数年前妊娠した際に抗体検査をしたのですが

ほとんど抗体がない

という結果に・・・。

年齢的には30歳なのでまさに予防接種1回世代なんです。

 

その当時は妊娠していたこともあり、

追加予防接種はしなかったのですがまた麻疹の流行の兆しがあるので

きちんと予防接種を受けておこうと思います。

 

 

まとめ

 

 

麻疹の予防接種や抗体・効果についてまとめてみました。

麻疹の予防接種代は保険外の自費で出費的には痛いですが

健康には変えられないので、

お子さんがいる人は予防接種期間内に必ず接種を!

そして予防接種を1回しか受けてない人で心配な人は

抗体検査をしてみてください。

スポンサードリンク