五月千和加のすっぴんやカップ!性格はこわい?ギャルにきっかけは?

ギャル家元として最近テレビでも見かけるようになった

日本舞踊(五月流)の家元の 五月千和加さん!

 

家元なのにギャル??

 

初めて見た人は結構びっくりしてしまうと思うのですが、

伝統芸能の家元をしている彼女がどうしてギャルになったのか?

 

また家の人たちは何も言わないの?

 

プライベートは結構遊んでいるようにも見えるのですが、

実際の性格なども気になったので調べてみました^^

 

プロフィール

 

芸  名:五月千和加(さつき せんわか)
別名義 :五月光(さつき ひかる)
生年月日:1992年1月
年  齢:25歳(2017年現在)
出身地 :東京都
出身高校:跡見学園高等学校(中学校)
出身大学:目白大学社会学部
所  属:五月流
     (日本舞踊協会会員)

 

9歳で五月流の三代目を襲名
18歳で五月流二代目五月千和加を継承
22歳で五月流三代目家元を襲名

という超エリート。

出世街道まっしぐら!?

こんなに早い襲名なのが普通なの?とびっくりしてしまうんですが、

師匠がすごいようです。

 

日本舞踊
 ・五月千王
 ・坂東勝友(ばんどうかつとも)師


 ・人間国宝・堅田喜三久(かただきさく)師

清元(唄・三味線)
 ・清元梅寿太夫(きよもとうめじゅだゆう)師
 ・紫葉(しよう)師

長唄(三味線)
 ・故・中島勝祐(なかじまかつすけ)師

 

素人からしたらホッとよくわかりにくいのですが、

幼い頃から一流の先生たちに指導されてきたので、

この年齢で家元を務められるのかもしれません。

 

また、芸能の技術だけではなく、

 ・英会話
 ・書道
 ・ピアノ
 ・ボイストレーニング

も学んでいるようです。

 

現在三代目の家元として日々頑張っているのですが、

二代目はお母さん。

ちなみに五月流は、

創流:1975年(昭和50年)
流祖:五月 千王
宗家:五月 千介
家元:五月 千和加
本部:東京都台東区池之端
稽古場数:50ヶ所余
師弟総数:300余名

ということで、師弟の数も多いようです!

 

 

すっぴんやカップは?

 

 

普段出てくるときはがっつりメイクをしているのですが、

個人的にすっぴんもめちゃめちゃ美人だと思うんですよね〜!!

 

そこで完全なるすっぴんではないのですが、

 

ほぼすっぴん画像

 

を発見しました。それがこちらです↓ ↓ ↓

 

 

はい、美人〜!!

カラコンはしていますが、これは外しても間違いなく美しいですね^^

 

スタイルもかなりいいようで、水着の写真などもインスタグラムにアップされたりしていました。

 

結構スレンダーな体型なのですが、

バストはCカップくらいかなぁ?

という予想です。

 

日本舞踊って結構体力を使うようで、

日々鍛錬しているからこそのこのプロポーションなんだろうなって思いました!

 

スポンサードリンク

 

いつからギャル?

 

 

こんなにド派手な家元で、家業の人たちや生徒さんたちは何も言わないのかなぁ?

と疑問に思ったのですが、

お母さんとの仲はかなりいいようで、

むしろ自分の個性を貫いている娘を尊敬しているようです^^

 

小さい頃からずっとお嬢様育ちで色々なお稽古をしてきたのですが、

高校生の頃に、学業と家業の両立が厳しくなり、

自由な校風の学校に転校したのです。

 

そこではいろんな髪色の生徒たちが!!

 

その当時から浜崎あゆみさんが好きだったこともあり、

今のようなギャルへと変わっていったようです!!

 

ということは、、

学業優先でお嬢様学校だったら今の家元は誕生していなかったかもしれませんね!

それか大学デビューでギャルになったかもしれませんが^^;

 

性格はこわい?

とにかく見た目が派手なので、普通にいたら怖がられそうな気もしなくもないですが、

若くして家業を継いでいるだけあって、

プライベートは派手でも仕事に関してはかなりしっかりした考えでやっているようです。

 

9歳まで祖母から手ほどきを受けていましたが、本当に厳しくて、扇でよく頭を叩かれました(笑)。

それでも辞めたいとは思わなかったですね。

 

小さい頃から厳しい世界で育っていますし、

礼儀作法とか上下関係はかなりしっかりしていそう。

 

そして何より努力家で我慢強いタイプなんじゃないかなぁって思いました^^

 

インタビューでも、

 

「ギャル」という言葉に悪い印象はありません。私は派手で個性的かもしれませんが、自分らしく生きているだけ、だと思っております。

ただ、日本舞踊では昔から、舞台に上がるときにはメガネや金属のアクセサリーなどが禁止されているため、周りから批判され、悩んだ時期も確かにありました。

ですが、周囲に打ち明けたところ、父が言ったのです。「出る杭だから打たれるんだ。中途半端ではなく、もっと出てしまえば、打てなくなるから。やるべきことをしっかりやり、信念を曲げないことが大事だ」と。なるほど、と思いましたね(笑)。それで自分のスタイルを貫き通そうと心に決め、今日までやってきました。

引用;https://toranet.jp/contents/jobchange/interview/19777/

 

と話していて、とても自分というものをしっかりと持っている素敵な女性だなぁと

好感が持てました^^

 

伝統芸能というを、若い人は敷居が高いとか思ってしまいがちですが、

こうやって千和加さんのように若い世代がやっているのをみると

 

私にもできるかも!やってみたい!

 

と思う人が増えそうですよね^^

 

実際日本舞踊を習うと女性のしなやかさが身につくようなので

個人的にも興味が湧きました!

 

数年後には東京オリンピックもありますし、

こういった伝統芸能もますます盛り上がりそうですね。

スポンサードリンク