蓮つかさの彼氏や実家は?すっぴんや性格も男前?高校時の画像!




蓮つかさの彼氏や実家は?すっぴんや性格も男前?高校時の画像!

宝塚で男役として活躍中の

蓮つかささん

を知っていますか?

 

宝塚歌劇団月組公演「All for One」の新人公演で

入団7年目の蓮さんが初主演!ということで話題になっています^^

 

宝塚の世界って本当に美しいし、

男役の方は同じ女と思えないほどかっこよくて、

テレビなどに出演するときはついつい魅入ってしまうのですが、

 

蓮つかささんは一体どんな人なのか気になったので調べてみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィールは?

 

 

蓮つかさ

 

誕生日 10月25日
出身地 宮城県大崎市
身長 171cm
初舞台 2011年4月「めぐり会いは再び」
好きだった役 「ルパン」新人公演のドナルド・ドースン、「1789」の兵士1
愛称 このちゃん、れんこん

出身地:宮城県大崎市

出身校:宮城県古川高校

趣味:ショッピング、旅行

ニックネーム:れんこん、このちゃん、この

高校3年生の時に97期として合格。

好きな食べ物:果物、スイーツ(チーズケーキ)、牛タン

 

・2009年

宝塚受験に合格。当時高校3年生。

その後宝塚音楽学校に入学しました。

・2011年

宝塚音楽学校を卒業。

97期生として宝塚歌劇団に入団。

 

・2012年

月組に配属。

 

・2013年

「おおさき宝大使」に選ばれました。

 

・2014年

「PUCK」の新人公演でライオネル・ジャスパー役。

 

・2015年

「1789」の新人公演でマクシミリアン・ロべスピエール役。

「舞音」の新人公演でクリストフ・モラン役。

 

・2016年

「NOBUNAGA<信長>」の新人公演で足利義昭役。

凪七瑠海ディナーショー「Evolution!」に出演しました。

 

・2017年

「グランドホテル」の新人公演でラファエラ・オッタニオ役。

 

 

実家や本名は?

 

地元や宮城県で、高校3年生まではそちらで過ごしていました。

一度音楽学校を受験して不合格。

両親に中途半端ではいけないと言われ、大学受験はせずに

再度音楽学校へ受験しました。

 

本名は 新山好美

 

このみ?よしみ?

 

と思ったらニックネームにこのちゃんとあったので、このみだと思います!

 

ちなみに蓮つかさという名前の名付け親はご家族だそうで、

本名もタカラジェンヌとしての名前も名付けられるなんて

ご両親は嬉しかったでしょうね!^^

 

年齢は非公開ですが、卒業した年などを考えると2017年現在は26歳くらい?

だと思います!

 

 

スポンサードリンク

 

 

すっぴんや性格は?

 

 

宝塚といえば、がっつり舞台メイクをしていることが当たり前ですが、

蓮つかささんは実は高校時代にミス日本宮城代表に選ばれた美貌の持ち主!!!!

 

高校の時からそんな注目されていた人物だったのですね!

 

高校時代の画像を探してみましたが、現在は公開されていないようです^^;

 

宝塚を目指したのも、高校2年生の時に

仙台の七夕祭りのパフォーマーで参加した際に、

「男役がいないから男装して!」

と頼まれたのがきっかけとなっています。

 

もともと小さい頃にクラシックバレエをしていたのですが、

楽しくなかったらしく、そこから脱出したくて友人に誘われた

市民ミュージカルを見てこれやりたい!と思ったようなので、

もともと宝塚の素質があったと言っても過言ではないですね!!

 

それにしてもそのお祭りで男装役を頼まれていなかったら

宝塚を目指していなかったかもしれないので・・・・

 

友人、ナイスですね!笑

 

 

すっぴんもさぞかし美しいのだろうと思っていたら、

お茶会に参加した人の声を見ると、ナチュラルメイクは可愛い系なのだとか!

非常に舞台メイク映えするお顔なのだとか^^

 

 

 

 

 

 

 

 

これがいわゆるギャップというやつですね!!

 

今回の主演の舞台挨拶では、

 

カーテンコールでのあいさつは緊張から解き放たれたのか、噛み噛みで「たどたどしいごあいさつで大変申し訳ございませんでした。ひとつ反省いたしまして…」とやって、さらに笑いが起こっていた。終演後も「ごあいさつは、ちゃんと考えてはいたんですが…。つたないあいさつで、あれでマイナス50点ぐらいですね」と初々しく振り返っていた。

引用:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/01/kiji/20170801s00041000183000c.html

 

ということで、普段かっこいいのにこうゆうちょっと頼りないところも

ファンの心をくすぐるのではないかなぁと思いました^^

 

 

スポンサードリンク