増田康宏四段の成績や年収は?大学や高校!性格が面白い?

増田康宏四段の成績や年収は?大学や高校!性格が面白い?

最近毎日のように将棋のニュースを目にしていて、今までルールとか知らなかったんですが

見ているうちに面白そうだなぁ〜と思い始めました^^

 

快進撃を続けている藤井四段ですが、次の対戦相手の

 

増田康宏四段

 

同じ10代で、かなり強敵だと言われています!

若手同士で白熱した将棋になるのかと思うとファンはたまらないのではないでしょうか!

 

勝敗はどうなるのかかなり注目されていますよね!

 

そんな増田康宏四段は一体どんな人物なのか、

将棋の成績や年収、学校や性格など、、

 

気になったことをまとめてみました!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィールは?

 

 

出身:東京都昭島市

誕生日:1997年11月4日

師匠:森下 卓九段

棋士番号:297

 

将棋を始めたきっかけは、

5歳の時に母親に買ってもらったボードゲームセットに

将棋が含まれていたことが将棋を覚えたきっかけ

みたいです!

 

母親は将棋のルールを知らなかったようですが、一緒になって覚えてくれたのだとか^^

 

一緒に始めた将棋で、息子がプロになるってお母さんどんな気持ちなんだろうって思いました^^

 

2006年
-昭島市立武蔵野小学校3年の全国小学生倉敷王将戦低学年の部で準優勝

2007年
-昭島市立武蔵野小学校4年の全国小学生倉敷王将戦高学年の部で優勝

2008年
-昭島市立武蔵野小学校5年の第33回小学生将棋名人戦では、東日本代表として決勝トーナメント進出も4強で敗れる。

 

2008年9月には、森下卓門下で奨励会に入会しました。

 

2012年3月(中学3年生の時)には早くも三段に昇段!

 

2014年10月1日にプロデビューしました。

 

そして2016年には

最年少でNHK杯将棋トーナメントでシードとなり、

本戦トーナメントに初出場も果たしています!

 

残念ながらその時敗退してしまいましたが、

2016年の第47期新人王戦では決勝三番勝負に進出し、

同じく決勝進出した石田直裕四段を2勝0敗で破り、プロ入り後の棋戦初優勝を果たしました!

 

こうして見てみると、藤井四段と同様、かなり早い段階から

将棋の才能や実力をつけて注目されていたことがわかりますね!

 

 

スポンサードリンク

 

高校や大学は?

 

高校は都内の通信制の学校に通っていたようです。

17歳でプロ入りしているので、普通の学校には行けなかったというか、

将棋重視の道を選んだんでしょうね。

 

そんな年齢から自分の将来の道を決められるってすごいなぁって思いました^^

 

大学への進学はしていないようですね。

 

 

性格や発言が面白い?

 

 

見た目的に真面目そうなイメージなのですが、

どんな性格なのでしょうか?

 

将棋のインタビュー記事などを見ていると、

結構はっきり物事を言うような印象もあります。

 

中でも詰将棋に関しては、

 

詰将棋はどれくらい解きますか?

「解かないです」

ホントに!?あまりの衝撃に倒れそうです。

「これ、言うと変な目で見られるんですけど、詰将棋、意味ないです」

 

と回答していて、

質問者を驚かせて、ネットでも話題になっていました。

 

詰将棋というのは将棋の自主練習的なもので、

将棋七冠王になった羽生プロでさえ、
毎日詰将棋を150問解いているなんて話もあるので、

それをしないって・・・

すごすぎる。

 

独自のこだわりとか練習方法があるんでしょうね。

 

2017年現在までの成績は、

11戦8勝3敗ということで勝率は0.7273と

なっています。

 

これはかなり上位の方みたいですよ!

 

藤井四段とは以前も対戦しているのですが、

 

その時は藤井四段が勝利しています。

 

公式戦ではなかったのですが、

そのときの棋譜はこちらの

日本将棋連盟にて公開されています。

 

>増田四段VS藤井四段の棋譜

 

26日にはいよいよ公式戦なので、

勝敗が見逃せませんね!!

一度は公式ではないにしても負けてしまっているので

かなり研究したりしているのではないかなぁと思います!

 

 

スポンサードリンク