パーソンズのジル(逸見泰成の元妻)の刺される事件!子供や旦那は?

パーソンズのジル(逸見泰成の元妻)の刺される事件!子供や旦那は?

本日アナーキーのマリこと逸見康成さんの訃報が発表されました。

 

かつてファンだった人も、来月の再結成ライブを楽しみにしていたファンも

ショックを受けたのではないでしょうか?

 

そんな逸見さんのことを調べていたら、

パーソンズのジルさんと以前結婚していたということがわかりました。

 

しかもその結婚生活の後には

逸見さんによって刺されるという痛ましい事件があったそう。

 

今ジルさんはどうしているのでしょうか?

現在の活動や、子供についても気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィールは?

 

 

JILL

ロックバンド、PERSONZのヴォーカル

生年月日:1960年1月25日

出身地:東京都

本名:渡邉理恵

 

高校時代に見たエアロスミスやKISSの来日公演を見て、ロックに目覚め、

その後アマチュアバンドを経て、1983年に本田毅とNOTHING PERSONALを結成。

その後、渡邉貢(ベーシスト)と藤田勉(ドラマー)を加え、

1984年6月、PERSONZを結成。

ライブハウスを中心にライブ活動を展開しインディーズで人気を博していました。

 

1987年9月、PERSONZのヴォーカルとしてデビュー。

現在もPERSONZでの活動を続けています。

 

 

風貌がハーフっぽいなぁと感じたのですが純日本人でした!

 

プライベートでは初婚にアナーキーの逸見康成さんと結婚しましたが、

すぐに離婚しています。

 

離婚原因ははっきりとはわかっていないですが、

逸見さんがかなり嫉妬深い性格で、男性と話していただけで怒り出すなんて噂もあったようです。

 

本当のところ何があったのかわかりませんが、

結婚生活が短かったことを考えるとそれだけ結婚生活を続けるのが難しい状況だった

んでしょうね・・・。

 

その後は、ベーシストの渡邉貢さんと結婚しています。

貢さんとの間にはお子さんもでき、

その娘さんは2017年の時点で19歳になるようです。

 

 

現在の旦那さんとは仲が良さそうですね^^

 

お母さんが現役のロックバンドのボーカルなんて

娘さんからしたら自慢のお母さんなんじゃないかなぁ?と思いました。

 

参観日の時とかはちょっと恥ずかしかったかもしれませんが^^;笑

 

 

スポンサードリンク

 

 

刺される事件について

 

パーソンズのジルと調べると、

元旦那に刺されるという内容が出てきます。

 

これは、かつて結婚していた逸見康成さんにとあるパーティーで

刺されて事件になりました。

 

もちろん刺してしまった逸見さんは警察に逮捕されてしまい、

裁判にもなって結局そのことでアナーキーを脱退することに・・・。

 

ジルさんも精神的に苦しむようになりその後太ってしまったなんて話もありました。

 

何があったのかわかりませんが、

かつて愛した人に刺されるなんて相当の恐怖ですよね・・・

 

それが1986年のことなのでもう随分前のことですが、

裁判の時には

 

「憎しみはなかったけど、悲しかった」

 

と話していたそうです。

そりゃそうですよね〜・・・。

 

刺してしまうくらい逸見さんはジルさんを愛していたとか???

いやいや愛していても刺しちゃいけませんけどね!!

 

でもその後に今の旦那さんのおかげで立ち直れたのではないでしょうか!

そんな風に公私ともに支えてくれる人と巡り会えたジルさんが羨ましい^^

 

 

現在の活動は?

 

 

現在もバリバリ活動しているジルさん。

 

つい先日は28年ぶりに中野サンプラザでライブを行っています!

 

28年振りの中野サンプラザ。

28年前の平成元年1989年は、日本だけでなく世界も動いた年、天安門事件、ベルリンの壁崩壊。平成元年に生まれた赤ちゃんは今年28歳になるのです。

3枚目のアルバム、NO MORE TEARSのTDで1989年明けてすぐに4人でNYに初めて行ったとき、日本が昭和から平成に変わったことをNYの号外で知りました。

そして、平成という時代も、またもうすぐ変わりゆくかもしれないのです。

今、ここで、このアルバムをRELOAD するタイミングとなったこと。まったくの偶然ですが、少なからずとも運命の機微を感じます。

平成元年1989年3月にNO MORE TEARSはリリースされ、中野サンプラザ2DAYSは1989年6月29日、30日にWONDERFUL MEMORIES TOURのファイナルとして行われたのです。

ほとんどきっちり28年。

あさっての6月4日に、同じ場所でライブを、同じメンバーでやれることに運命を感じ、そして、感謝を。

引用:https://ameblo.jp/jill-personz/