山崎光の年齢や出身!演技は上手?性格や共演者との仲を暴露!

直木賞作家の西加奈子さんの小説「まく子」が実写映画化されることになりましたね!

「まく子」は、西さんの直木賞受賞後の第1作となる作品。

小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧が、
不思議な魅力を持つ美少女の転入生・コズエと出会い、
彼女に秘められた大きな秘密を知ることで、少しだけ大人へと近づいていく……

というストーリーなのですが、
重要になってくる主演の子役が山崎光くんに決定しました〜!!!

 

すでに子役として作品に出演経験のある山崎光くんですが、
主演に抜擢されるのは今回が初めて!とのこと。

 

ぺんぺん

見たことある人はこんなに大きくなって感慨深い人もいるのでは?

山崎光くんは一体どんな子役の男の子なのか、

年齢や出身、性格や過去の出演作でもエピソードなどなど

チェックしていきましょう〜!

 

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィール

 

 

出典:http://newslounge.net/archives/170471/dsc_0759-3

 

山崎光

生年月日:2003年12月10日(2018年5月現在14歳)

出身:千葉県

身長:158センチ

趣味:ゲーム、ダンス

特技:バスケットボール

 

2008年4月にNEWSエンターテインメントに入校し、
2010年に映画『ちょんまげぷりん』でデビューします。

 

過去の出演作には映画だけでも

  • ちょんまげぷりん(2010年) – イケタニくん 役
  • ツナグ (2012年) – 渋谷歩美 幼少役
  • 真夏の方程式(2013年) – 柄崎恭平 役
  • 烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE(2015年) – ヒカリ(子供)/ トッキュウ4号(声) 役

 

と、かなりこなしていて、

ドラマも含めるとかなりの数に・・・。

ツナグでは松坂桃李さんの幼少期役を演じていますが、
朝ドラ「梅ちゃん先生」でも松坂さんの幼少期役を演じています。

ぞうたん

顔の系統が似ているような気もしますね!

現在の年齢は14歳ですが、「まく子」では
草なぎ剛さんの息子役。

設定的に小学校5年生の役で、

『お父さん しっかりしろよ』

なんて台詞があったり、

思春期ならではの葛藤や親と子の確執と再生を交えた演技が注目されています。

 

芸能事務所に所属したのが5歳の時のことなので

自分で「子役になりたい!」

といったというよりは、
スカウトか親の意向だったのではないかなぁ〜と思います^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

演技が上手?

 

 

かつてドラマや映画に出演した先には、

 

 

 

などなどかなりの高評価でした!

年齢を重ねて大きくなっていくとそのぶん子役の演技を払拭したり
求められるものが多くなっていきそうですが、
山崎くんはたくさんの経験から今回の主役を掴み取ったのでは
ないかなぁと思います!!!

 

スポンサードリンク