産後の補正下着(ブラ)はいつから必要?垂れたバストへの効果や感想!

思春期から大人になっても多くの人のコンプレックスの一つ

バストの悩み

それを解決してくれる補正下着の存在って知っていますか?

 

日本人は特にバストにあまり自信のない人が多いと言われていて、

小さい

形が悪い

垂れている

などなど悩みはそれぞれですが

私がバストの悩みを躊躇に感じるようになったのは

産後です。

 

完全母乳で子供1人育てたのですが、

授乳期にはまん丸でパンパンに大きくなっていたおっぱいは

卒乳とともに見る影もなくなり、産前とは全く別物のように感じてしまいました。

 

このままじゃまずい!!!!

なんとかしないと!!!!!

 

と思って試した補正下着。

 

実際に使ってみての効果や感想、オススメのブランドなどまとめてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

補正下着ってどんなもの?

 

 

補正ブラは、その名の通りバストの形を補正して綺麗な
バストラインに整える効果を持つブラジャー
です。
 
バストが最も美しく見えるのがゴールデントライアングル
と言われる黄金比。

具体的にはバストトップが肩と肘(ひじ)の中心にあり、

バストトップを繋いだ線と鎖骨の中心を結ぶと正三角形になる位置を指します。

 

ただ単に補正下着といっても種類は色々あり、

補正ブラ

育乳ブラ

などそれぞれ名称が異なっています。

 

そして何よりこれらのバストを整えたりする効果のあるブラジャーは

一般的なブラよりもしっかりバストをホールドするので、

サイズが合わなければ胸の形が悪くなる&貧乳の原因になる恐れもあります。

 

しっかりと自分に合っているサイズのものを正しい付け方で装着することがとっても大事なんですね!

 

 

 

産後の補正下着はいつから必要?

 

 

 

実際に私が「あれ?私の胸ってこんなだったっけ?」と鏡を見て思ったのは

息子が1歳過ぎて、日中はほぼ母乳を飲まなくなり

夜寝る前だけ飲むような状態になってからのことです。

 

それまでは定期的に母乳が作られていたのが、

ほとんど吸われなくなったから母乳が作られなくなり

言い方が悪いですが「しぼんだ」ように感じました。

 

そして明らかに産前と比べるとバストトップの位置、

いわゆる乳首の位置が下に下がっていました。

ぞうたん

つまり垂れたってことね。泣

 

以前はDカップあり、バストでそこまで悩みはなかったのですが

まさかの産後のバストのたれ具合に衝撃を受けました・・・!

 

そこでスタイルのいい友人や、バストケアをしている友人などに話を聞いて

「補正ブラ・育乳ブラを買おう!!!!」

と思ったのです。

 

実際にそういったブラジャーの売っているお店に行ったのですが、

そこで補正下着をつけられる時期というのを聞いたところ

 

「完全に授乳が終わってから」

 

だそうです。

完全に授乳が終わってからでないと大きさが変化してしまったり、

卒乳後にさらに小さくなったり垂れたりすることもあるので

きちんとその大きさで定着してから購入することをオススメされました。

うさぎ先生

卒乳していたらいつでもOKだよ

 

 

スポンサードリンク

 

 

購入したブランドは?

 

 

私の場合、友人たちの口コミでブラデリスニューヨークというブランドのものを購入しました。

 

 

コンセプトは、

補整するだけではない。
おしゃれだけではない。
ファンデーション(補整下着)とランジェリー(装飾下着)
をライフスタイルに合わせて着用し、
女性であることを下着から楽む喜びをご提案します。

 

ということで、

ステップ1「集める」
ステップ2「寄せる」
ステップ3「持ち上げる」

の3タイプの補整下着で
ボディラインを根本から整えてくれます。

東京を中心に全国に店舗がありますがオンラインショップもあります。

 

私はカスタムフィッティングで正確なサイズを見てもらいたかったので店舗に行きました。

 

【*カスタムフィッティング】とは、お客様おひとりおひとりのお悩みや理想を伺い、
正確なサイズはもちろん身体の特徴や肉質をチェック。
肺活量や一時的なお胸のハリまで考慮し下着を選定します。
正しいブラジャーで流れたお肉を本来の場所に戻し、理想の着用位置や着け方をレクチャーしてくれます。

 

ブラデリスのいいところは必要に応じてお直しを行い身体に合うよう下着を調整。
購入後も定期的にボディとブラジャーをチェックし、
ボディラインの変化やブラジャーの消耗に応じてお直しをしてくれるというアフターフォロー付き^^

 

 

効果や感想は?

 

 

まず店舗で驚いたのが、スタッフの人にサイズを測ってもらって

合う下着を装着してもらった時のこと。

 

背中の方に流れてしまったり

脇の方に流れてしまったバストのお肉?を正しい位置に持ってきて

ブラジャーの中に入れたことでかなりのバストアップを体感。

 

「あれ?私ってこんなに巨乳だったっけ?」

 

って思わず目を疑いました。笑

しぼんで垂れたので、ブラジャーなしの状態を見ても

Cカップくらいだろうな〜と思っていたのが

まさかのE判定!!!

ぺんぺん

おったまげ〜

 

私の場合、かなり肉質が柔らかく、ブラジャーの中に入れても少し動くとお肉が逃げてしまうということで、トイレのタイミングとかでこまめにブラジャーにさっと脇からお肉を持ってくることを勧められました。

ピヨりん

こまめに正しい位置にすることが大切!

 

その人のバストの形や悩みによってブラジャーの種類を選ぶのですが、

一番ワイヤーが広く、カップが浅め、
そのため脇や背中から集めたお肉をお胸へホールドする機能が一番あり、
フィッティングが苦手な人を助けてくれるプリマブラ

 

お胸がやわらかく、下垂した人のお胸に沿いやすく、丸みを作ってくれて
カップのレースがかたすぎず、やわらかすぎず、
下垂や授乳経験がある育乳初心者様へおすすめのジャスミンブラ

 

 

の2種類購入し、交互につけることにしました。

 

最初の頃は、ブラトップとかノンワイヤー生活に慣れ過ぎて

ブラジャーをつけるということが窮屈に感じていたのですが

「これもバストのため!」

と日々習慣づけると自然と慣れました^^

 

効果としては人によって違うと思いますが、

授乳後の垂れてしまったバストでも背中に流れたお肉をしっかりホールドしてくれて

装着しているときの本来のバストには感動ものです。

習慣づけて毎日正しい位置に装着するのは慣れるまで大変ですが

数ヶ月つけた結果、背中や脇肉が心なしか少なくなっているようにも感じます。

 

一度垂れてしまったおっぱいは
クーパー靭帯が伸びてしまって垂れた胸はもう元には戻らない
と言われていたり、

母乳を出しているときは女性ホルモンが活性化し乳腺が発達しているのに対し、
卒乳すると乳腺が脂肪に変わってしまうので乳腺組織が徐々に萎縮、
結果としてバストは萎み、乳頭は下を向くと言われています。

 

こうした現象は加齢でも逆らえないのでどうしようもないですが、

じゃあいいかと諦めないでしっかりと補正・育乳ブラをつけることで

これ以上垂れない予防にもなりますし、

少なくともブラジャーを装着したときにはかなりバストアップして

綺麗なシルエットになり、女性として自信にもなりました^^

 

産後のバストに悩んでいる方、ぜひ一度ブラデリスのブラジャーを試してみてください^^

 

スポンサードリンク