シグナルの大山(北村一輝)は死んでる?生きてる?行方不明の結末!

2018年春ドラマ、
坂口健太郎さん主演のフジテレビの火曜ドラマ
「シグナル 長期未解決事件捜査班」

 

完全にノーマークなドラマだったのですが、
見始めるとミステリー?サスペンス?的な内容で
ハラハラドキドキ!

ぞうたん

1時間があっとゆうまに終わってしまう感覚

ぺんぺん

初回はまるで映画なんじゃないかって思ったよ

 

そんなシグナルですが、メインキャストの一人

北村一輝さん演じる大山巡査部長の存在が謎なんです!

 

現代では行方不明となっていて、
当時の彼女?同じ警察の桜井(吉瀬美智子)がずっと
その行方を捜していました。

 

そして大山と無線が繋がる三枝(坂口健太郎)・・・。

 

大山巡査部長は生きているの?それとも死んでいる?

「過去は変えられる」

ってことは、もしかして行方不明も変わる?

 

原作は韓国ドラマ。

原作から今回のシグナルの結末を考察!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

あらすじ!

 

 

 

三枝は、幼い頃に友達の女子児童が誘拐・殺害された事件で、女子児童を連れ去った謎の女を目撃した。そのことを警察に伝えるも誰にも相手にされず、15年が経ち、時効間近となっていた。ある日、廃棄されるはずだった無線機から聞こえてくる声を耳にする。声の主は、健人と同じ事件を追う刑事で、事件に関する手がかりを話す。最初は信じられなかった健人だが、無線機越しの刑事から聞いた場所に向かうと、なんとそこには何者かの白骨死体が…。
その後も、その刑事と無線機で交信を続けるうちに、健人は相手が過去を生きている人物であることを知る。二人は互いに協力し合い、未解決事件を解き明かしていく――。

引用:https://www.ktv.jp/signal/introduction/

 

現代と過去、無線機で繋がるサスペンス!!

無線機で繋がり、過去の事件を変えていきます。

 

 

大山(北村一輝)は生きてる?死んでる?

 

 

うさぎ先生

ここからは原作内容を含めてネタバレになってしまうので注意!

 

 

主人公はパク・ヘヨン(坂口健太郎)で警察のプロファイラー。

廃棄処分されるはずの無線機から15年前の未解決事件を追っていたイ・ジェハン(北村一輝)刑事の声を聞きます。
そこで聞かされた情報からジェハンの後輩だったチャ・スヒョン(吉瀬美智子)と共に、未解決だった15年前の女児誘拐事件の犯人の死体を発見、この未解決事件は再び捜査されることになります。

そしてその後、女性の真犯人に辿りつきます。残念ながら、時効を迎え、少女を殺害した事件では逮捕できませんでしたが、犯人を殺害した罪では逮捕することができたのでした。

その後も無線機を通じてジェハンとヘヨンは交信を続けます。そして、ジェハンが過去の人物だということがわかります。

スヒョンがチームリーダーとなり、精鋭たちが集まった未解決事件専門チーム。
プロファイラーのヘヨンもそのチームに加わることになります。

その中で3年間に10人もの被害者が出た連続殺人事件が。
その資料を読んでいたヘヨンの無線機が突然なります。

ジェハンは今は26年前にいて今その10人連続殺人の犯人を追っていると驚きの発言。

そして、この無線機が23時23分から1分間くらいつながるということにヘヨンは気づきます。

そしてヘヨンは8番目の事件が起こる現場をジェハンに教えて、その結果事件は防ぐことができました。
するとそのときの新聞や周りの人の記憶からも、その8番目の事件が消え去っていたのでした。

無線機の相手のいうことは本当なのか?という混乱と迷いがあったヘヨンですが、これでようやく無線の向こうは本当に過去なんだと確信します。

次にヘヨンは9人目の被害者の名前を言います。

なんとその被害者はジェハンの片思いの女性でした。なんてこと・・・。
しかーし、犯行現場に間に合わずその女性は殺されてしまうのでした(T . T)

そしてバスの運転手チュングが自首するも、ヘヨンはその息子ジニョンが犯人だと確信していました。
ジニョンはジェハンの愛する人を殺害した後、犯人だと気付いたジェハンに追われビルから落ちて半身不随になってしまいます。
その後、証拠がなくそのままになっていたのでした。

だが当時はできなかったDNA鑑定で犯人と特定され、この連続殺人事件は解決。

そしてジェハンのことが気になっていたヘヨンは、ジェハンが賄賂容疑をかけられ失踪していたことを知ります。

引用:https://dorama-netabare.com/archives/32869

 

原作では、北村一輝のポジションのジェハンは

賄賂容疑

をかけられて失踪していることになります。

 

シグナルを見た感じ、収賄容疑なんて言葉はまだなかったのですが

刑事部長の中本(渡部篤郎)が桜井(吉瀬美智子)はまだ大山を捜しているのか、

と気にしているそぶりがありました。

1話では大山は、少女誘拐殺人事件を調べていて、

何者かに後ろから殴られてしまいます。

 

しかし2話では、女性連続殺人事件の犯人を追っていて犯人に襲われていました。

 

・・・ということは、

無線機が繋がるごとに「過去」が変わり、

大山(北村一輝)の運命も変わってくるということ?

 

ピヨりん

原作の結末を見ていきましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

原作の結末は?行方不明の真相に迫る!

 

 

係長のチス(甲本雅裕)から呼び出されたヘヨンは、チスから自分がジェハンを殺したと聞かされる! が、そのときチスは何者かに刺されて大量の出血、そのまま亡くなってしまう。 そしてジェハンの遺体も見つかった。 が、無線の向こうではまだジェハンは元気で、兄の事件である「女子高生集団暴行事件」の最終局面にきていた。 捜査を妨害しているのは警視庁捜査局長ボムジュ(渡部篤郎)。 実は真犯人は議員の甥であるテジンだったのだ。 そしてヘヨンの兄はテジンが犯人だという証拠を持っていたため、自殺ではなくボムジュが殺害したのだ。 ジェハンはヘヨンの兄を助けに行くが間に合わなかった。 そしてヘヨンはジェハンが殺された日にちと場所を教え、行くなと忠告する

引用:https://dorama-netabare.com/archives/32934

 

 

原作通りだと、大山はすでに殺されていることになります。
しかし過去の大山と現代の三枝が事件を解決(未然に防ぐ)ことで
過去、そして現代も変わってきます。

 

原作ん結末的には、
「自分が殺されそうになることがわかって逃げることができた」

 

そう、つまり大山の命は助かり、現代に生きることができるようになるのです!!!

 

ただし全ての黒幕であり、自分の命を狙った上司を殺してしまい、
殺人容疑で行方不明になってしまうというような、
なんとも言えないモヤモヤっとした結末・・・。

 

もちろん全てがこの原作通りになるとは限らないので、
シグナルの結末がどうなるのか、大山はどうなるのか、
ドラマの本編を見て楽しみたいですね!!!

 

 

個人的にはせっかく助かった大山、 そしてずっと大山を探していた桜井(吉瀬美智子)が報われてほしいな〜と思います^^

 

うさぎ先生

シグナルが面白いと思った人、原作のシグナルもオススメです!

 

関連記事:
花のち晴れC5メンバーの幼少期の子役は誰?年齢やプロフィール!
ブラックペアン主題歌が嵐じゃない理由が衝撃!反対の声がひどい!
映画honey(ハニー)の感想と内容ネタバレ!原作とキャストが合わない?

スポンサードリンク