和月伸宏の結婚相手の嫁や子供!盗作パクリや絵柄が変わりすぎ?

大人気漫画で私も子供の頃大好きで全巻集めていた

 

るろうに剣心

 

最近では北海道編の連載もスタートしています!

 

そんなるろうに剣心の作者は、 和月伸宏さんという方なのですが、

調べていると、

 

 

 

盗作やらパクリ疑惑、

しかも自分でそれを登場人物製作秘話でバラしている?

 

 

 

なんて噂があるようです^^;

ということで、今回は、

 

和月伸宏さんの盗作やパクリ疑惑の真相

結婚した奥さんや子供はいるの?

 

などについて調べてみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィール

 

 

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E6%9C%88%E4%BC%B8%E5%AE%8F

 

 

和月伸宏(ワツキノブヒロ)

生年月日:1970年5月26日(2017年現在47歳)

出身:新潟県三島郡越路町

出身高校:長岡高校卒

 

 

 

漫画家デビューのきっかけ

 

 

高校在学中に応募した作品が

「ティーチャー・ポン」で第33回手塚賞佳作を受賞しデビューしました。

 

漫画を描き始めたのは小学生の頃、

 

小学生の頃、3つ上の兄の影響で描くようになったのが最初です。

大学ノートにコマを割ったものでしたが、友達が読んでくれることが嬉しくて。

周囲にも上手い友達がいて、ライバル心で頑張っていましたね。

そして周りは中学生になってやめていったけれど、自分だけずっと描き続けていました。

 

 

女の子でイラストや漫画が上手な子は私の周りにもいましたが、

男の子で書いている人はいなかったですね!

ライバルがいたからこそ描き続けて上達していったのかも

しれないですね。

 

高校生になったら漫画を描いて投稿しようと決めていたそうで、

高校一年生のときに投稿作が月例賞の佳作に入り、

担当がついて道が開けたそうなんです!

 

こんなに早くにデビューできるってすごいですよね!

 

と言っても最初は担当がついてもアシスタントからスタートしたようで

そこで他の先生たちからかなり刺激をもらって勉強したようです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

結婚相手の嫁は子供は?

 

 

和月先生の結婚したお嫁さんはどんな人なのでしょうか?

 

たまに漫画家同士の結婚なんてこともあるようですが、

同業だとお互い忙しくてすれ違ってしまいそうだけど、

大変なこととか気持ちの共有はできそうですよね^^

 

和月先生の結婚したお嫁さんはなんと、小説家!

 

 

黒碕 薫さん

 

 

・生年月日:1969年1月26日
・出身:神奈川県横浜市
・育ち:小学生の数年間をブラジルで過ごした帰国子女

 

 

1990年代にはボーイズラブ小説の執筆等をしていましたが、

2000年代以降は主にアニメ、テレビゲームの脚本を手がけています。

 

 

2003年連載開始の『武装錬金』以降は、夫である和月さんの漫画作品に

ストーリー協力として参加し、和月作品を原作とした

小説化作品やゲーム脚本なども手掛けているんです!

 

 

結婚した奥さんがこうやって仕事を手伝ってくれるなんて

同業者よりもかなり心強いパートナーですよね!

 

実は和月さんの作品にはすべて、自分の名前が入った捺印を押しているのですが、

その印は『るろうに剣心』の連載が始まった際、

当時友人だった嫁が中国旅行のときに祝いにと作ってきてくれたものなのだとか^^

 

 

「世界で一つしかなく、自分の漫画家人生に欠かせない大事なもの。

もしもこれを無くしたら漫画家を辞めろということではないのか?」

 

というくらい大事にしているので、

夫婦関係は良好なんでしょうね!

 

結婚した時期はわかりませんが、

友人としての期間があってから交際に発展しているようなので

お互いをよく理解し合えている仲なのかなぁと思いました^^

 

 

お子さんに関しては何も情報が出てこなかったので、

結婚した時期にもよりますが、

お子さんはいない可能性もありますね。

 

 

 

 

パクリや盗作疑惑がひどい!

 

 

 

和月先生の代表作と言ったら、るろうに剣心ですが、

 

エヴァ、アメコミ、SNKの格ゲーなど・・・

『るろうに剣心』の単行本で各キャラクターの制作秘話として

元ネタを披露していたことで話題になっていました。

 

本人もこれに関しては、

 

現代でやったらネットで大炎上でしょうね。

当時は「こんないいものなんだから、みんなに伝えたい!」なんて気持ちもあったんです」

 

と話していて、今やったらやばいことになるとわかっているようです^^;

 

その頃とは時代が違いますが、

そう言った背景があって盗作やらパクリという言葉が出てきてしまっているようです。

 

ただパクリというのは公言しないでこっそりネタを拝借する

ようなイメージですが、和月先生の場合は言われる前にネタ元を公言している

んですよね。笑

 

 

なので、この場合、オマージュ?モチーフ?という言葉がしっくりくるのかな?

 

特に格闘ゲームからの影響を強く受けているようです。

 

 

 

絵柄が変わりすぎ?

 

 

これはもう漫画家ならあるあるなんじゃないかなぁと思いますが、

作品の最中から絵柄が変わりすぎている!!

というもの^^;

 

結構長期連載の漫画に多いですよね。

 

連載最初の頃と絵柄が違うっていう・・・。

 

るろうに剣心に関しても、長編漫画だったので

連載当初から最終回にかけて随分絵柄が変わっています。

 

私的には中盤あたりの絵柄が一番好みなのですが、

元々は線が細く、細かい線が多いような印象だったのですが、

後半は線が太めになってスッキリした印象になっていますね。

 

元々の絵柄が好きな人からすると、

後半のスッキリした絵柄がちょっと・・・

という声もありましたが、

 

これはもう好みの問題だし、

作風の変化はしょうがないことなのかなぁと思います。

 

 

 

まとめ

 

漫画家の和月伸宏さんの結婚した嫁、

そして盗作やパクリ疑惑についてまとめました!

 

現在連載中の北海道編も登場人物が新たに増えて

今後の展開が楽しみです!

関連記事:

るろうに剣心北海道編1の内容ネタバレや時系列!登場人物や感想も!

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)