座間事件アパートは事故物件で損害賠償は?父親が契約を急いだ理由!

こんにちわ!

 

日本中に激震が走ったと言ってもいいくらいショッキングな

ニュースがありましたね・・・。

 

座間市のアパートで男女のバラバラ9遺体が発見され、

犯人は逮捕されたのですが、

まるで映画やドラマの中の話のようで、

信じられないけど実際に起こったことなので本当に怖いですね。

 

 

事件の場所となったアパートには8月から住み始めていて、

たった3ヶ月の間にこんなことになって、大家さんも近所の人も

困惑していると思います。

 

連日報道され、いろいろな背景が少しずつわかってきていますが、

 

この事件現場になってしまったアパートはどうなるのでしょうか?

 

一部の報道で、父親がアパート契約を急いでいたとありましたが、

一体その理由はなんなのか?

 

報道されている内容や考察をまとめてみました!

 

スポンサードリンク

 

事件の概要は?

 

最初の事件の発覚時の内容はこんな感じでした↓↓

 

東京都八王子市の無職女性(23)が今月下旬から行方不明になり、警視庁が女性の行方を捜していたところ、神奈川県座間市内に住む20代の職業不詳の男の自宅アパートから、クーラーボックスに2つの頭部が入った切断遺体が見つかったことが30日、分かった。男は「遺体を切断した。同じようなことをやった」と説明。男の自宅から複数のクーラーボックスが見つかった。警視庁捜査1課は複数の遺体があるとみて、男から詳しく事情を聴くとともに死体遺棄容疑で男を逮捕する方針。

 捜査関係者によると、クーラーボックスには少なくとも2人の切断遺体があるとみられている。同課は遺体の1人はこの女性とみて確認を進めるとともに、残る遺体についても身元確認を急ぐ。

 女性は「自殺を一緒にしてくれる人を探している」とツイッターに書き込んでいた。同課は男は自殺サイトを利用していたとみており、関連を調べている。

 女性の親族から今月24日に捜索願が出され、警視庁で行方を捜していたところ、30日夕に女性の関係先である男の自宅から遺体を発見した。

引用:産経新聞

 

 

この逮捕に関しては、行方不明の妹を探した兄の存在がかなり大きく、

ツイッターなどで情報提供を呼びかけたところ、

別の女性が「相手の男に心当たりがある」と名乗り出たことから

逮捕につながったのです!!

 

 

普通に行方不明で捜索願だけ出していたら、

こんなに早く発見されなかったかもしれないし、

もしかしたら発見されないなんてこともあったかもしれません。

 

 

でも結果として妹さんは帰らぬ人になってしまた訳で・・・

お兄さんのことを思うと本当に心が痛みます。

 

 

 

アパートは事故物件だった?

 

 

事件の現場になってしまったアパートは実は事故物件だったようで、

なんと家賃は2万2千円とかなり安かったようです。

 

元々事故物件だったところにまたこんな事件が起きてしまって、

きっとどんなに安くしても住みたいっていう心理にはなかなかなる人は少なそうですよね・・

 

 

「大島てる」という事故物件のサイトには、

すでに住人と思われる人の書き込みもありました。

 

 

これを書き込んだ人が本当にこのアパートの住人だったのかどうか

わかりませんが、テレビでインンタビューを受けている隣人とか見ると、

本当に気の毒だなと思います。

 

 

ネットの反応を見てみると、

 

・回の事件なので解体して駐車場にするしかないですね

 

座間のアパートこれもう事故物件ってレベルじゃないし

 住人半年以内に全員引っ越すんとちゃうか。

 その後ずっと付近含め空室だろうし管理会社も大変だな

 

・ここまでの事件になると、もはや立て直しくらいしないと無理そうだよね。大家さん可哀想だけど。

 

・アパートの隣人とか臭いがたまったもんじゃなかったろうな

引用:Twitter

 

 

大家さんや隣人に対する同情の声ばかりです。。

 

そしてアパートの住人は簡単に引っ越せるけど、

近所の一軒家とか家を購入している人などの

引っ越しが難しい人もかわいそうですよね。

 

スポンサードリンク

 

損害賠償は?

 

 

不慮の事故だったり、孤独死だったり、予期せぬことで事故物件になってしまったなら

いざ知らず、この短期間にこんな事件を起こされたら大家さんも管理会社も

たまったものじゃないですよね。

 

この場合って損害賠償請求をされるのでしょうか?

 

 

調べてみると、

 

 明確な不法行為による不動産価値の毀損なので、

 この場合、連帯保証人への損賠も視野に入る。

 借家人の連帯保証人の資力確認も重要という知見が得られる。

 

という意見がありました。

 

たとえ自殺だったとしても、相続人がいる場合は

損害賠償債務も相続し、債務を負担する事があるそうです。

 

きっと管理会社も大家さんも、損害賠償の請求するんじゃないかなぁ・・・

 

 

契約者は父親?

 

一部の報道で、このアパートの契約者は父親で、

 

契約した月の家賃が無料になる「フリーレント」というサービスがあったので

不動産会社が「月が変わってから契約した方が得ですよ」と説明したが、

「割引を受けられなくてもいいから早く入居したい」と急いだ様子だったそうです。

 

実家も同じ座間市内にあるので、なぜそんなに急いで一人暮らしの家を契約する必要があったのか、

疑問が残ります・・・。

 

ネット上では、

この父親もグルなのではないか?

なんて話もありましたが、

流石にそんなことはないだろう・・・

と思います。

 

容疑者は高校を卒業後に実家を出たのですが、

両親が離婚をしてからも父親と友好的な関係だったといい、

父親はよく「息子と飲みに行くんだ」というのを近所の人にもらしていたのだそうです。

 

近所では親孝行な息子で通っていたのかもしれないですが、

6月には父親に「生きていても意味がない」と自殺についてほのめかしていたとか・・・。

 

 

そんな状態の息子を実家に戻さないで一人暮らしをさせ続けたのは何故なのか。

 

その辺りも今後解明されていくのかなと思います。

 

被害者の方々の身元はまだ全員判明できていないですが、

ご冥福をお祈りするとともに、

なんでこんなことをしたのか、

裏に本当の理由があったならきちんと供述して罪を償ってほしいです。

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)