矢吹樹の正体は江本正志?顔画像は?炎上ツイートや発言がやばい!

群馬大学が11日、論文のデータを改ざんしたり、ツイッターで学生を中傷したりしたとして、

大学院保健学研究科の 江本正志教授を懲戒解雇処分にしたと発表しました。

 

これだけ見ると、どうしてそんなことをしたんだろう?

と思ってしまいますが、学生からしたら教授がそんなことしてたら

たまったもんじゃないですよね^^;

 

そしてこの教授に関しては、 矢吹樹というハンドルネームで

ネット上に批判的な書き込みをしていたのでは?

という噂がありました。

 

また大学側は、江本教授がツイッターでハンドルネームを使い、

群馬大や学生を中傷する書き込みをしていたと認定していますが

同教授は否定しています。

 

矢吹樹は江本正志と同一人物?

 

今ある情報を調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

懲戒解雇の理由は?

 

江本教授らが2008~10年に発表した論文4本で、画像データを切り張りするなど計12カ所の改ざんが確認された。各論文の著者は複数人で、同教授は「誰がやったか分からない」と説明したという。同教授は論文内容に責任を負う立場だが、調査に必要なデータを提供せず、論文を取り下げないため処分対象とした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000119-jij-soci

 

「誰がやったかわからない」って・・・

論文を書いた人なのにわからないなんておかしいですよね^^;

 

プロフィール

 

一般人のため、生年月日などの情報はありませんでしたが、

経歴はこちらです↓

 

  • 1983年4月 – 大阪大学微生物病研究所細菌血清部門 研究生
  • 1984年4月 – 奈良県立医科大学細菌学教室 研究生
  • 1991年6月 – 名古屋大学医学部附属病態制御研究施設生体防御研究部門 助手
  • 1993年7月 – ウルム大学医学部免疫学部門留学 客員研究員
  • 1996年7月 – 北里大学理学部生体防御学講座 助手
  • 1997年5月 – マックスプランク感染生物学研究所免疫学部門 研究員
  • 1999年5月 – 同研究所 主任研究員:研究チームリーダー
  • 2001年5月 – 同研究所 上級研究員:研究グループリーダー
  • 2003年12月 – 群馬大学医学部保健学科基礎検査学講座生体防御学分野 教授

 

研究内容は、生体内には、これまでに性状の明らかにされていない細胞が数多く存在する。

当研究室では、これら細胞の生体調節系における位置づけを明確にすると共に、

生体防御機構における役割を解明している。

とのことです。

 

顔画像はまだ群馬大学のHPに載っていました。

 

スポンサードリンク

 

炎上ツイートの内容は?

 

江本正志教授は2012年頃自称某有名大学教授の矢吹樹とツイッターで名乗り、

批判的な投稿をしていたと噂になっています。

 

その内容が、

 

・最近、無名大学だけでなく有名大学でも放送大学を卒業して教授になっている人がいるけど、これってありですか?本当の大学を卒業していないのですから、大学というもの自体を理解していないと思うのですが・・・。こんな教授に教わる学生がかわいそう。

 

というもの。

そしてこのツイートに対して、

学長の岡部洋一氏が「学長です」と一喝し、無言で退散するという論争があったようです。

まさか学長自らツイートしてくるなんて思わなかったのかもしれませんね。

 

そしてこの矢吹樹というハンドルネームで自費出版で本も出しています。

 

その名も 「大学動物園」

 

とにかく大学の裏側を暴き出した本です。

確かに今の時代、大学も学生不足あり、独立行政法人になって予算的に苦しかったりして、学問にだけ目を向けるような生徒・教員は見つけるほうが難しいのでしょうね。余りのひどさに著者は、大学教授も辞めたくなるほどらしいのですから。

 

 

ちなみにこの矢吹樹さんのプロフィールには、

 

著者プロフィール
2歳の時に自分の目の前で母親が自殺し、その後父親と親戚に見捨てられる。
意地と根性で博士号を取得後、某大学で助手を務め、その後海外で研究生活を送る。
帰国後、大きな期待と夢を持って某大学理系学部の教授として教育・研究に携わってきたが、教授になって初めて、大学がとんでもない所だと気付き、辞めたくなっちゃった愚か者。

 

と書かれています。

同一人物だという噂が持ちきりなのですが、

本人であればこのプロフィールも一緒ということですよね?

最初の方の生い立ち部分が結構衝撃です。

 

先日も、

 

こんな風にツイートしています。

心の中のモヤモヤを都になく出したい!!!誰かに聞いてほしい!!!

ということだったのかもしれませんが、

この件で大学教授をやめることになってしまいましたね・・・。

 

今後どのような道に進むのかわかりませんが、

もしかしたらまた暴露本的なものを出すかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)