香取慎吾の代官山ショップはモボ・モガ?意味や場所!値段は高い?

こんにちわ!

 

ジャニーズ事務所から独立した元SMAPの3人の活動が毎日のように話題になっていますが、

おしゃれ番長としても有名だった香取慎吾さんが

 

代官山にセレクトショップをオープンするのではないか!?

 

という情報が入りました!

これはファンにとって嬉しい情報ですね^^

 

セレクトショップというと、

一点物だったり、オーナーがこだわって集めてきた商品が置かれていたりするのですが、

香取さんが「これ!!」と思ってセレクトした商品が揃えられるのであれば

ファンにとって一度は行ってみたいですよね^^

 

 

今日はそんな香取慎吾さんのお店について出ている情報をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

報道の内容は?

 

 

 

 

ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が、9月22日、公式ファンサイト「新しい地図」を開設した。

〈逃げよう。自分を縛りつけるものから。ボーダーを超えよう。塗り替えていこう〉など、古巣を意識したとおぼしき刺激的なフレーズが並ぶ動画。それとともに注目を集めたのは、サイト運営会社の委託元。3人の新しい所属先でもある「株式会社CULEN」というその会社の代表者こそ、SMAPの育ての親ともいわれ、昨年1月にジャニーズを退社していた元マネジャーの飯島三智氏だったのだ。サイトのドメインが取得されたのは、3人の独立に先立つこと4カ月弱の5月31日。飯島氏の周到さが窺える。

 加えて小誌は、もうひとつの新会社の存在を掴んだ。今年4月に設立された「株式会社モボ・モガ」。登記簿の代表取締役の欄には「飯島三智」の記載がある。目的欄には「下記の物品の販売及び輸出入業務」として、スカーフ、ネクタイ、ブラウス、シャツ、スカート、ズボンなどの名が並ぶ。

「無類の洋服好きで代官山にセレクトショップの出店計画もある香取のために設立されたと見られています」(業界関係者)

引用:http://bunshun.jp/articles/-/4276

 

飯島三智さんは3人のための事務所の他にもう一つわざわざ会社を立ち上げているので、

すでに立ち上げた4月にはセレクトショップの出店の話が固まっていたのではないかと思います。

 

株式会社CULENはファンサイトの運営を株式会社アルムに委託していますが、

その主要株主にはAbemaTVを運営するサイバーエージェントがいるので、

 

実はサイバーエージェントの藤田晋社長が飯島氏のネット事業をバックアップ

しているのでは?

という見方もあるようです!

 

ということは、実店舗だけでなくオンラインショップも強化したお店が誕生しそうですね!

 

スポンサードリンク

モボ・モガの由来は?

 

会社の名前「モボ・モガ」とはどんんあ意味なのでしょうか?

 

調べてみると

”モボ”とは「モダン・ボーイ」”モガ”が「モダン・ガール」を意味しているそうです。

 

これは、大正デモクラシー直後の時代に西洋の文化の影響を色濃く受けた若者に対し、

用いられた言葉なのだそう!

 

この名前誰が決めたんだろう?

もしかしたら香取慎吾さんかもしれませんね!

 

株式会社CULENと会社を分けたのは節税対策ではないかと言われています。

完全に3人の所属事務所とは分けて運営していく方がメリットが大きいんでしょう!

 

お店の場所や名前は?

 

代官山にオープンすると言われているセレクトショップ。

お店の名前はまだ公表されていませんが、

もしかしたらそのまま「モボ・モガ」なのかもしれません。

 

代官山には数多くのセレクトショップが合ったり、

芸能人がオーナーになっているお店の数多くあります。

 

タレントの梨花さんのお店も、代官山の駅近くにあって、

遠方からの観光客も数多く来客していて有名ですよね。

 

価格帯としては、セレクトショップなので多少?お高めではないかと思いますが、

どんな商品が揃えられるのか楽しみですね!

 

オープン日程は早くて来年の年明けではないかと言われています。

 

場所やオープン日程についてわかり次第また追記したいと思います。

スポンサードリンク