谷元圭介の結婚相手の嫁とは?現在の年俸とトレードの理由は?

谷元圭介の結婚相手の嫁とは?現在の年俸とトレードの理由は?

プロ野球の日本ハムで活躍する

谷元圭介さんが、金銭トレードで中日へと放出されるというニュースがありました。

 

しかも日本ハムのファンからは怒りと悲しみの声が上がっているそうです。

 

一体なぜトレードになってしまったのでしょうか?

谷元選手の年俸や支えている奥さんも気になったので調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィールは?

 

引用;https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2017/01/15/167cm_split/

 

生年月日:1985年1月28日
出身地:三重県鈴鹿市
身長:167センチ
体重:72キロ
右投右打
投手

 

現在の年齢は32歳。

167センチと小柄ですが、昨年までの9年間・通算351試合に登板し、

昨季まで3年連続で50試合以上に登板し、今季もここまで36試合とフル回転でチームを支え続けてきています。

 

登板数と安定感でチームの主力にまで上り詰めた谷元選手ですが、

最初は中部大学から名門社会人野球ではなく新潟のバイタルネットという会社で野球をしていました。

 

社会人チームの経験を経て、2008年に実施された日本ハムの入団テストに合格しドラフト7位でプロ入りします。

2009年は、24試合に登板し、負けなしの2勝0敗3ホールドという成績を残すと

2年目からもリリーフとして登板します。

 

現在はチームの中継ぎ役として日本一に貢献しています。

 

 

現在の年俸は?

 

常に安定した成績を残している谷元選手には、

球団も最大限の評価をし、

2015年の年俸5200万から 7200万になり、

そして先日の契約更改で2017年の年俸はついに 1億に!!!!!

 

 

こうして考えるとプロ野球って本当に夢がありますよね^^

 

しかしこの年俸がきっかけでトレードになってしまったのではないかという話もあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

トレードの理由は?

 

 

日本ハムには独自の経営方針があり、

NPBの12球団の中でも特にドラスティックな経営で突き進んでいるのが特徴だそう。

 

ファンの間ではこれまでもトレードでチームの顔だった糸井嘉男を放出したり、

最近でもかつてのリーグMVP左腕であった吉川光夫をトレードで放出したことは記憶に新しいのですが、

 

選手の“年俸”と“年齢”の兼ね合いに関しては特に厳しく、

人気や実力を持った選手も手放してでも、金額を抑えつつ若手を育成していく

というのが最近の流れになっているようです。

 

谷本選手の年齢は32歳。そして年俸が1億円。

 

今年6月には国内FA権を取得しているので、今季ここまでの活躍からも

年俸アップは必須ということで、トレードになったのではないかということです。

 

ただそういった理由があっても、長年チームを支えてくれた選手が

トレードで放出されて別のチームにいってしまうのはファンからしたら

悲しいですよね。

 

 

結婚相手の嫁はどんな人?

 

そんな谷本選手を支える奥さんはどんな人なのでしょうか?

 

2014年の5月に千葉県船橋市在住の一般女性と結婚した

ということですが、

一般人女性ということで顔画像や他の情報も全くありませんでした^^;

 

挙式はオフになってからハワイで挙げたそうです。

結婚3年目なので、お子さんがいるかもしれませんね!

 

結婚時の谷本選手のコメントは、

「家庭を持つことになったので、いままで以上に自覚を持って野球に取り組んで行きたいと思います。」

という言葉の通り、

 

2014年は52試合に登板しフル回転し始めた年で、この年から中継ぎの要として活躍した年です。

 

きっと活躍の裏には奥さんの影響や支えもあるのだと思います^^

 

 

 

 

今回のトレードに関しては、

本人も驚いているようでした。

 

「正直、驚いています。気持ちを整理するのは難しいですが、必要とされて移籍するからには頑張るしかないと思います。ドラフト前のテストをへてプロの世界へ導いてもらい、ファイターズにお世話になってこれまで苦しい思いも楽しい思いもしてきました。一番の思い出はやはり昨年の日本シリーズで最後のマウンドに上がれたことです。ファイターズに入ったからこそ、今の自分があるのは間違いありません。これからドラゴンズで活躍することが、監督・コーチ、選手、スタッフの皆さんへの恩返しになると思っています。また、ファンの皆さんからいつも温かい声援をいただいて、それが力になりましたし、感謝しかありません。これからも一選手として応援してもらえたらうれしいです。8年半、ありがとうございました」

引用:https://www.fighters.co.jp/news/detail/00000420.html

 

ずっと同じチームにいたらその分思い入れや愛着もたくさんあると思いますが、

ドラゴンズでどんな活躍を見せてくれるのかも期待したいですね!