カーズ3(クロスロード)の結末が悲しい!続編はなし?ネタバレや感想!

カーズ3(クロスロード)の結末が悲しい!続編はなし?ネタバレや感想!

ピクサーの大人気シリーズ「カーズ」の映画。

第三作目となる今回は、カーズ3ではなくカーズクロスロードというタイトルで、

情報解禁されてから、

 

「あれ?3じゃなくてなんでクロスロードなの?別物なの?」

 

 

な〜んて不思議に思ったりしましたが、

大好きなカーズシリーズの最新作品なので、

早速子供と見に行ってきました^^

 

 

予告やCMで見た感じだと、

ライトニングマックイーンのスランプ!?

もしかしてこれが最後の作品なの?

 

 

見た感想や内容のネタバレを含めて書いてみようと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

感想含めた内容ネタバレ!

 

 

ここからは見た感想も含めてのネタバレ★

 

序盤はカーズらしいレース場でのスタート。

華々しく活躍してきたライトニング・マックィーンはれからもレース界のトップを走り続けると信じていた。

良きライバルたちもいて、このまま順風満帆にレースを勝ち進めていくかと思いきや、

ある日突然、最新テクノロジーを限界まで追求したレーサー、ジャクソン・ストームにギリギリで

抜かれて負けてしまいます。

 

ストームのマックイーンを小馬鹿にした態度が本当にいらっときました。

そしてなんか聞いた声だなぁと思ったら、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんでした。笑

 

 

それからというもの、レーシンガーに次々と次世代に世代交代していき、

かつてのライバルたちが減っていきます。

 

ストームは、マックイーンの走り方とは全く違い完全データ重視の車でした。

どこをどうすれば最短距離で走れるか、

どの空気抵抗を減らせば速く走れるか、

ボディやパーツなどにも細心の注意を払うことで完璧な状態をキープできるという

まさに最先端のレーシングカーです。

 

 

焦っていたマックイーンはタイヤ交換を焦って終了させてスタートしてしまい、

レースの途中でクラッシュしてしまいます。

 

シーズン終了から4か月がたち、

世間はこの事故が原因で、マックイーンの引退を示唆するような報道ばかりがされています。

 

ここでまさかの一作目に登場したチックが再び登場。笑

この人、変わらないなぁなんてちょっと安心?しましたが、

相変わらずの憎まれ口で、自身のテレビ番組でマックイーンの勝ち目はないことを言います。

 

番組内で登場する数字分析が得意な車、最後までちょいちょい出てきますが、

数字数字で、物言いも個人的にはあんまり好きじゃありませんでしたね^^;

 

世間も旧世代のレーシングカーに冷たすぎます。笑

 

 

マックイーンは自身の進退について考えつつ、ラジエータースプリングスで静養しています。

かつてのイケイケのマックイーンは何処へやら。

こんな風になってしまったのかとちょっと悲しい。

 

サリーやメーター、みんなの励ましもあり、

もう一度レースに戻ることを決意し、

自分が引退するときは自分で決める、

ドックのように周りから決められたくないと思ったマックイーンは、

スポンサーであるラスティーズのラスティとダスティに呼ばれ、

ラスティーズレーシングセンターへ足をはこびます。

 

ラスティとダスティはスポンサーを引退し、

億万長者のスターリングにラスティーズを売却し、

マックイーンに最新設備のレーシングセンターを用意しました。

 

ここでも世代交代か・・・

一作目に登場して、最初からマックイーンを支えて、支えられてきた二人にグッときました。

 

 

そしてマックイーンはレーシングセンターでのトレーニングを始めますが、

そこで待っていたのはトレーナーのクルーズによる、

気持ちと意識を高めるようなトレーニング。

マックイーンはその方法になかなか馴染めず、さっさとシミュレーターマシンでの練習に

入ろうとします。

最新鋭のシュミレーターマシンに挑戦したマックイーンですが、

結果は散々・・・。

めちゃめちゃ高額なマシンを破壊してしまいます。

 

 

スターリングは引退を突き付け、自社の広告塔としてグッズ販売をするよう促しますが、

周りに引退を決められたくないマックイーンは直談判し、

シーズン初戦で勝利できなければスターリング従うことで何とか危機を免れます。

 

トレーナーのクルーズと練習することを条件に出されますが、

いつもコースではなくレーシングセンターでのトレーナーしかしたことのなかった

クルーズは真っ直ぐ進むのにも作戦苦闘・・・

マックイーンは自分の練習どころではなくクルーズにテクニックを教える羽目になりイライラ。

 

マックイーンには悪いけど、

「ごめーん!」っていうクルーズが可愛かった^^

 

 

そして身を隠して泥んこになりながら出場したダートレースでは、

なんとクルーズが優勝してしまいます。

 

イライラのピークに達したマックイーンはクルーズに

八つ当たりしてしまうのですが、

そこでクルーズは本当はトレーナーではなくレーシングカーを夢見ていたことを告げます。

しかもマックイーンを見て、育ち、夢見ていたと・・・。

 

 

そのままトレーラーを降りてしまったクルーズに、反省するマックイーン。

 

そこで相棒のメーターに電話して、アドバイス?をもらい、

ドックの師匠スモーキーを訪ねてトーマスヴィルという町へ、

クルーズを半ば強引に連れ出し足を運びます。

 

メーターやラジエーターのメンツは今作では登場が少ないですが、

ここぞという時に登場しますね!!

 

 

マックイーンとクルーズは、スモーキーやかつてのレーシングカーたちと出会い、

レースにもう一度勝つために特訓してもらうことになりました。

 

スピードではもうすでにストームからは遅れをとってるので、

かつてドックの使っていたテクニックを磨くことにしました。

 

クルーズをストームに見立てて一緒に練習しているのですが、

クルーズも生き生きとしていてとっても楽しそう^^

 

そしてシーズン開幕がすぐ迫っている練習日最後の日、

3周して仮想ストームとなったクルーズを追い抜く練習で、

途中見事に練習の成果を発揮したマックイーンでしたが、

あの大クラッシュがフラッシュバックし、最後にクルーズに追い抜かれてゴールを許してしまいます。

 

気持ちが複雑なまま、フロリダのレース会場へ。

予選に参加していなかったため最後尾からのスタートでしたが、

トレーニングの成果もあり徐々に巻き返します。

 

そんな中、レース中に大クラッシュが起き、複数の車が巻き込まれます。

 

無線で聞こえてくる声には、スポンサーがもう次のレースに他の車をあてがうことを

指示する内容。そしてクルーズに他の車のトレーナーに戻るように告げる内容でした。

 

レース場をさろうとするクルーズ。

 

 

そこでマックイーンの下した決断は・・・

 

なんとクルーズをレースに参加させること!!!!

 

もうこの展開にはびっくりでした。

ルール場ではその番号さえ引き継いでいれば問題ないとのこと・・・笑

それって何台も同じ番号で補欠を用意してもいいってことですよね^^;

 

「やるんだクルーズ!チャンスを掴め!!」

 

 

マックイーンにとって最後のチャンスになってしまうかもしれないレースだったので

クルーズも渋りましたが、

 

クルーズにチャンスをあげられる最後のチャンスだと、

マックイーンはクルーズをレースに送り出します。

 

クルーズが戸惑いながらも、今まで練習したことを思い出し、

次々に順位を上げていきます。

 

最後の1周。ジャクソン・ストームと激しいトップ争いを繰り広げるクルーズ。

ストームの悪質なタックルを受けてバランスを失意ますが、

ドック・ハドソンばりの見事な動きでストームを振り切り優勝!

 

見事、初出場・初優勝を成し遂げます!!!

 

そしてマックイーンも最初は知っていたので二人の優勝ということになり、

スポンサーとの約束で引退の時期は自分で決められることに!

しかもここで登場したのはあのDINOCOのオーナー!!

 

クルーズとの契約を持ちかけてきました。

 

まさに救世主!!

一作目から思っていましたが、このオーナー最高です!!

 

 

そんなこんなでクルーズはDINOCOと契約、

マックイーンかつてドックが自分にしてくれたように

クルーズの指導者になりさらなるレースに挑む・・・!

 

まだまだ夢は終わらない!

 

・・・みたいな感じでエンディングです。

 

スポンサードリンク

 

ストーリー的には結構好きなのですが、

「世代交代」を前面に出したこの話。

 

やっぱり最後までマックイーンに走ってもらいたかったというのが本音です。

指導者になってドックのようになるというのはアフターストーリー的にも納得なのですが^^;

 

まさかのレース途中で交代するとは〜・・・・。

 

 

1作目のちょっと生意気な新人レーシングカーから始まり、

最後は自分を指導してくれたドックのように指導者となって終わる・・・。

 

この流れは納得だし、最後に指導者として楽しそうなマックイーンが見られて良かったです。

でもDINOCOになり、あのトレードマークの赤いボディが黒くイメージチェンジして

しまったことはなんか寂しかったなぁ・・・。

 

3作まで続いたカーズですが、

これで完結、もう続編はないんじゃないかなぁと思います。

 

 

感想は?

 

 

他の人の感想もまとめてみました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、他の人も書いていますが、 エンディングの奥田民生の声がまたいいんですよね〜!!! しんみりくるというか、グッとくるというか!

 

 

 

 

 

作中のBGMはおなじみのものからこの作品オリジナルのものまで! カーズといえば!の曲がかかると息子もノリノリです^^ それだけ子供から大人にも愛される作品ですね。

 

 

 

 

 

 

個人的には1〜3作までまとめたブルーレイかDVDボックスの発売希望です^^ 今は映画の影響もあってグッズがたくさん発売されていて嬉しい限りです。

 

 

私の中ではピクサー映画の中でランキング上位に入っているカーズ。 今作では、 夢を諦めない、チャンスを自分の手で掴む大切さを教えてもらいました。

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)