日比野佐和子はバツイチで子供は?大学と食事療法(レシピ)が凄い!

日比野佐和子はバツイチで子供は?大学と食事療法(レシピ)が凄い!

Rサイエンスクリニック広尾の院長で、最近TVにも出演している日比野佐和子さん

 

見たことある人も多いと思いますが、

テレビに出演するたびにその美貌や若々しさが話題になっています!

 

 

病院の先生でもテレビ出演する人が最近増えていますし、

見た目が綺麗だったりするといろんなところで呼ばれたりしますよね^^

 

美容法などにも注目が集まっているようですが、

この年齢で院長を勤めているなんてさぞかし優秀なんだろうなぁ〜!

と感じるのですが、

そんな日比野佐和子さんの年齢や私生活が気になる!!!

 

ということで、今回はそんな日比野先生の気になる噂を徹底調査してみました^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィールは?

 

 

 

 

名前:日比野佐和子(ひびのさわこ
)

生年月日:不明

年齢:46歳(2017年時点)

専門分野:アイチエイジング医学

趣味:ピアノ、サーフィン、日本舞踊

好きな言葉:「人生に無駄な事はない」

 

 

大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了。

現、大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授。

同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、

森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、

ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長を経て、平成25年に当院 院長に就任し現在に至る。

 

専門分野は欧米のアンチエイジング医学に加え、中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、植物療法(フィトテラピー)、アフェレーシス療法など多岐にわたる。

 

その真摯なカウンセリングと診療で、多くの患者から信頼されると共に、研究分野においても国際的に活躍している。

(Rサイエンスクリニック広尾 公式HPより http://www.r-scienceclinic.jp/doctor/

 

 

テレビ出演の際には、お肌をキレイに保つための方法や老化防止、

生活習慣病に関してコメントしていることが多いですね。

 

元々は眼科を専門にされていた日比野先生でしたが、

目の老化について研究をしているときに「アンチエイジング」に興味を持って、

まだ日本にアンチエイジングという言葉が無かった時代から

目の老化だけでなく、肌や内臓の機能の老化に関しても研究を続けているそうです。

 

 

ちなみにアンチエイジングとは・・・

 

加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすることです。

いつまでも若々しくいたいというのは女性にとっても永遠のテーマなのではないかなぁと

おもいます^^

 

美容品でもアンチエイジングを謳っているものは多いですよね。

 

 

中年期以降に認知症、骨粗鬆症、皮膚老化、更年期障害、老眼、難聴、歯消失などの老年病のリスクが高まります。

アイチエイジング医学は、抗加齢医学と呼ばれているので、

ただ単に若返りというよりは一種の医学として分類されているようです!

 

 

日比野先生の実年齢は、

 

な・な・なんと!!!!!

 

 

46歳!!!!!!!

 

 

46歳に全然見えませんよね!!

30代でも全然いけると思います!!!

 

 

いや〜、アンチエイジングの力って侮ってはいけませんね^^;

 

 

美容方法は?

 

 

「30代の頃より今のほうが健康的。シミやたるみとも無縁です。42歳の時、1年で15㎏も体重が減りました。若い頃は、ダイエットにさんざん苦労してきたというのに(笑)」

 

なんて本人がコメントをするくらい、

今の状態の方が昔よりいいみたいなんです!

 

1年間で15キロってすごいですよね!

 

むしろそれくらい痩せても平気なくらい体重があったことにびっくりです。

 

ロボスキンという肌解析マシンで測定した肌年齢はなんと22歳だったそう。

実年齢から20歳以上も若く出るなんて・・・

もう美魔女も驚きの結果。

 

 

いや、むしろこれが美魔女なんでしょうね!

 

 

実は日比野さん、31歳で渡米した時、2年で17㎏も体重が増加。

その後ハードな糖質制限で一時痩せたが、体調を崩したのでダイエットを中止。

するとまたリバウンドし、40歳以降は丸い体とくすんだ肌だったそう。

 

過度なダイエットってやっぱりどうしてもリバウンドしてしまうんですね;;

 

 

そんな日比野先生の実践した美容方法は、

 

「朝昼は抜き、夜にドカンと食べるような生活で、スナック菓子や揚げ物もたくさん食べていました。でも4年前に一念発起して、食・運動・睡眠の生活習慣を徹底的に見直しました。食事は手作り、1日15分のストレッチ、夜はリラックスタイムを必ず持つ。この3要素を生活に取り入れたのです」

 

え!!?

本当にこれだけ???

 

疑ってしまいすいません^^;

たったこれだけのことですが、効果はてきめんだったそうで、

そういった毎日の積み重ねで若返ることができたようです!!

 

 

食事は一日5食で、

普通に考えたらありえないですが、

朝昼夕の手作りごはんに、

午前と午後の2回の間食を加えた1日5食を徹底していたようです。

 

2〜3時間おきに食べるのは、〝ゆるやか血糖値〟をキープするため。

空腹のまま食事をすると血糖値が一気に上昇し、インスリンが大量に分泌されます。

そしてエネルギーとして消費されなかった糖は脂肪細胞に蓄えられてしまいます。

なので間食で小腹を満たし、血糖値を急激に上げないようにする。

 

一日5色っていうと大量に食べていそうに感じてしまいますが、

間食は少量のナッツや玄米グラノラ、ヨーグルトなどで、

食事量の割合は朝5:昼3:夕2を目安にして

基礎代謝を上げるために朝ごはんはしっかり食べるようにしていたそうです。

 

 

日比野先生のある日の食事はこんな感じだそうです↓↓

 

【1食目】7時30分
トマト入りオムレツ

ルール
朝食は必ず食べる。

【2食目】(間食)10時30分
ナッツ
5~6粒が適量

【3食目】13時30分
雑穀米トマトカレー
きのことピーマンの炒め物
アボカドサラダ

間食しているので
ドカ食いしなくてすむ。

【4食目】(間食)16時30分
玄米フレーク

糖質が少なくて腹持ちがいいので
間食におすすめ。
手のひらに乗る程度の量。

【5食目】19時30分
ぶっかけそば

オクラやメカブが入ったそば。

間食をすることで空腹感が少なくて
控えめな食事でも満足できるとのこと。

 

 

 

こうした生活を徹底したことで

今の日比野先生が出来上がったというわけですね。

 

そう考えると毎日の食事って本当に大事ですね!!!

 

 

スポンサードリンク

 

 

バツイチで子供は?

 

 

 

結婚についても気になったので調べてみました!

 

日比野先生は大学時代に知り合った男性と11年ほど付き合って結婚しましたが、

40歳の時に離婚しています。

 

現在は仕事中心のために再婚予定はないそうです。

 

SNSでも結婚生活や子供に関しては非公開だったようですが、

その生活を追ってみると結構仕事で海外に行っていたりしているので、

お子さんはいない可能性が高いのではないかな?と感じました。

 

今は再婚の予定はないとのことですが、

こんなに綺麗で魅力的な先生なのできっとモテるんだろうなぁ〜と思います。

 

 

もう結婚の予定はなくても、

彼氏くらいはいそうですよね!

 

 

オススメのアンチエイジングは?

 

 

結構有名ですが、

日比野先生のオススメはプラセンタだそうです!

 

今ではサプリメントも結構出ていますよね^^

 

プラセンタとは・・・

 

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、

注射や内服などにより治療に用いることを言います。

 

注目の美肌作用は、美白、保湿、ターンオーバーを正常化して健康なお肌に、

コラーゲンの生成を促進してお肌の弾力アップ、血行促進、

抗酸化作用(お肌の老化防止)、抗炎症作用(ニキビや痒みの改善)、

抗アレルギー作用、免疫力を高めて強い肌に、

アミノ酸を補給して皮膚細胞のエネルギー代謝を高めるなどなど。

 

 

さらにお肌だけでなく髪の毛も若く保てるとか!

 

内臓機能の改善にも優れ、更年期障害や自律神経失調症など、

ホルモンバランスも整えてくれるそうです。

鼻炎や花粉症などのアレルギー疾患、肩こりや腰痛の改善、眼科疾患や歯周病などにも効果を発揮してくれることも!

 

プラセンタって単語は漠然と名前だけ知っていたのですが、

その効果は結構いろんなものに効くし最強の成分かも!?

 

 

でも結局それだけ摂取してもダメだと思うので

一番は食事療法や生活改善が大事ですよね。

 

 

スポンサードリンク