ザクのガシャポン設置場所や販売店は?再入荷や次作はあるの?

ザクのガシャポン設置場所や販売店は?再入荷や次作はあるの?

こんにちわ!

 

普段街中にあってもあまり気にしていなかったんですが、

子供を連れて歩くと必ずといっていいほど足を止められてしまう

ガシャポン。

我が家では「ガチャガチャ」と呼んでいたのですが、

正式名称ってガシャポンっていうんですね^^;

 

息子は今絶賛トーマスにはまっていて、

一個200円のトーマスガシャポンがもう何回やったのかわからないくらいです。

 

そんな子供の大好きなガシャポンですが、

なにやら大人にも人気な商品があるとか!

 

それが、

バンダイの「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」

通称、ザクのガシャポンです!

 

ガシャポンって、結構チープな作りなのかと思いきや、

結構精巧に作られているものもあったりして、

自分が好きなものとかだったら欲しくなってしまうのもわかる気がします!

 

このザクのガシャポンは、なんとカプセルがない!?

ということでも話題になっていました。

 

今回はそんなザクのガシャポンについての情報をまとめてみました!

 

スポンサードリンク

 

商品情報は?

 

発売日:2月上旬

価格:500円

 

球状で排出された状態から、パーツを取りだして組み立てることで、ザクの頭部モデルが完成します。全高約6.5cmの大ボリューム、精密造形という点だけでなく、モノアイの可動や頭部、パイプ基部の展開などギミックも充実したハイクオリティモデルです。

 

ラインナップは「MS-06S シャア専用ザク II」、「MS-06F 量産型ザク II」、「MS-06R-1A 高機動型ザク II(黒い三連星機)」の3つ。モノアイ部分は透明カバーが使用されており、頭頂部を取り外すことで内部メカを見ることができ、モノアイを動かすことができる。内部のメカ表現や装甲のパネルラインなどリアルで精密な表現を楽しむことができる。

 

カプセルなしで、この状態で出てくるようです!

大きさを追求した結果こうなったそうですね。

 

組み立て方はこんな感じ。

 

500円という価格はガシャポンにしては高額な方だと思いますが、

この作り的に500円だったら安い!と感じる人もいるのではないでしょうか?

 

 

ガシャポンの設置場所はどこ?

 

欲しい〜!

と思ってもどこにあるのかわからなかったら手に入れられませんよね^^;

 

ガシャどこ

という検索ページで検索することができます!

 

検索の窓口に「EXCEED MODEL ZAKU HEAD」

と入力して検索をかけると全国の設置場所の情報が出てきますよ^^

 

スポンサードリンク

 

販売店は?

 

他にも、ガシャポンじゃなくていいからとにかく商品が欲しい!

という人。

ネット販売しているところもありました。

 

ガシャポンだとどのカラーが出てくるかわからないので、

それに高額なお金をかけるよりは多少払っても全色揃えたい!

という人にはコンプリート販売もされていたりするのでそちらもいいかもしれないですね!

 

Amazonにもありました!

3種類セット販売は人気のためか在庫切れで

5月25日に入荷となっていますね!

 

フリマアプリメルカリでも出品されていましたが、

私がみたときには全部完売中になっているので、

人気のほどが伺えますね〜!

 

 

こうゆうのって一つ買うと全部集めたくなるのもわかる気がしますね〜!

 

再入荷は?

 

最初に発売されたのが2月ですが、その時は4万個を完売したそうです!

ファンってそんなにいるんだってびっくりしたのですが、

今回はそれを受けて5月に再出荷中とのことでした!

 

しかも異例の再出荷で、海外の販売も含めて20万個!!!!

多すぎない!?笑

でも確かに日本のアニメだし、ガンダムファンってたくさんいるし

海外でもこうゆう精巧なものは人気が出そうですよね!

 

 

次作はあるの?

 

まだ次作に関しての情報はありませんが、これだけ人気なので

次作検討していてもおかしくないですよね!

 

バンダイで商品開発を担当している松原大典さんのインタビューによると、

 

以前は「ガシャポンは安いから、ちょっと買ってみるか」といったケースがあったのですが、最近はそうした買い方をする人は少なくなってきました。ガシャポンは硬貨を入れて、ハンドルを回すまでは何が出てくるのか分かりません。「自分はアレが欲しいなあ」と思っていても、実際には違うモノがでてくることも多い。そうしたケースで、「残念」と思われてはいけないんですよね。自分が欲しいと思ったモノとは違うけれど、「これはクオリティが高い。なかなかいいじゃないか」と感じてもらえるような商品を、私たちはつくり続けなければいけません。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000024-zdn_mkt-bus_all

 

と言っていて、次のザクもお楽しみに!と締めくくっていました^^

なにかしら考えているのかもしれません!

 

ネットでも欲しい〜!という声と一緒に、

こんなのも欲しい!なんて意見もあったのでちょっと載せてみますね^^

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)