ブリジット(マクロン夫人)の子供の年齢や元夫との離婚理由がやばい?

ブリジット(マクロン夫人)の子供の年齢や元夫との離婚理由がやばい?

こんにちわ!

 

フランスの次期大統領が、エマニュエル・マクロン前経財相に決まりましたね!

少し前からこの人でほど確実だろうと言われていましたが、

年齢が39歳なので、日本人の感覚からしたらかなり若い大統領だなぁと

感じる人も多いのではないでしょうか?

 

そんなマクロン氏ですが、ファーストレディーが

24歳も年上の女性だと言うことで話題になっています。

 

24歳って言うと、親子ほどの年齢差ですよね!

男性が年上でならまぁそこまで驚かないかもしれませんが、

今回は姉さん女房!

 

そんな年齢差も感じさせないほど魅力的な女性だったのでしょうか!?

ものすごく気になったので、今回はこのブリジット夫人について

徹底調査してみました!

 

スポンサードリンク

 

プロフィールは?

 

 

エマニュエル・ブリジット

生年月日:1953年4月13日(64歳)

出身:フランスのトローニュ

前職:高校のフランス語の教師

 

実家は北部アミアンの裕福なチョコレート店で、6人兄弟の末っ子です。

大学で文学を専攻し、卒業後に地元に戻り教師をしていたそう。

 

最初の方はマクロン氏の政界入りに懸念を持っていたそうですが、

選挙戦では演説の草稿や公約の作成に助言をするなど重要な役割を果たしたのだとか!

さすが教師だけあって、文章の添削とかしてもらえたらマクロン氏も心強かったのでは

ないかなぁと思います^^

 

実際に支持者から人気のマクロン氏ですが、

勝利演説後には支持者からブリジットふじんの名前がコールされて盛り上がっていた

ようなので、年齢は関係なくたくさんの人に認められているんだなぁと言う

ことが伝わってきました^^

 

 

馴れ初めは?

 

二人の馴れ初めは、マクロン氏の高校時代。

マクロン氏が入部した演劇部の顧問がブリジットさんでした。

こうやってみると、普通に教師と生徒の立場。

まさか将来夫婦になるなんて、どんなドラマだよ!!!って

突っ込みたくなりますね!

 

当時の年齢はブリジットさんが41歳、マクロンさんが17歳。

う〜ん。

すごいとしか言えない。

 

当時ブリジットさんは銀行員の旦那さんと3人の子供と暮らしていました。

そんな中でマクロンさん求婚しちゃってるんですよ!!!

 

そんなに直球って!!!

昔からこうと決めたら突き進むといった性格だったのかもしれませんね。

当然ながらブリジットさんに断られ、

快く思わなかった両親にパリの高校に転校させられたんだそうですが、

あきらめずブリジットさんに電話などで気持ちを伝え続けたんだとか。

 

編入することに関しては、両親だけでなくブリジットさんもすすめたそうですが、

その時にマクロンさんは

 

「必ず迎えに戻ってきて、あなたと結婚する」

 

って言葉を残したようです!!!!

 

キャ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

17歳でそんなこと言ってしまうなんて、恋に恋してるんじゃないかって

突っ込みたくなりますが、

それを有言実行してしまうからすごい!

 

ブリジットさんも、この時少しくらいは気持ちが揺れていたんじゃないかなぁって思っちゃいます。

 

当時のことに関して、

毎週金曜日に劇の台本などについて議論する中「信じられないほどに親密になった」

と言っているのですが、まさか・・・この時から不倫・・・?

なんてことはあるのかないのかわかりませんが^^;

 

それでもそんなに熱烈に毎日ラブコールされていたら悪い気はしないですよね。

 

スポンサードリンク

 

子供の年齢は?

 

ブリジットさんには前夫との間に3人のお子さんがいて、

マクロンさんとの間には子供はいません。

 

年の差なので子供の年齢がきになるところなのですが、

なんと年齢は本当にマクロンさんと同年代でした!!!

 

 

中央の二人がマクロンさんとブリジットさんですね。

二人の間の奥側にいるのがブリジットさんの長男・セバスチャンさん(42歳)

左から3番目が長女・ローレンスさん(39歳)

左から2番目が次女・ティファンヌさん(32歳)

 

 

まさかまさかの長女と同い年^^;

 

海外とここまで年の差って普通なんでしょうか?

 

私の感覚ですが、もしも親が自分と同い年の人と再婚したら

結構ショック大きいです、いろんな意味で^^;

 

長男のセバスチャンさんは製薬会社の研究員。

長女のローレンスさんは心臓内科医。

次女のティファンヌさんは弁護士。

 

こうやってみるとかなりの優秀な子供たちだと言うことがわかります。

それぞれ難しい職業についていて自立しているので、

親のことも誇りに思って応援できるのかもしれませんね^^

 

子供たちとマクロンさんの関係も良好なようで、

陣営のソーシャルメディア担当や地域責任者を務めるなど、全面的に選挙活動を支えたのだとか^^

まぁ年齢的に友人みたいな感じなんでしょうね!

 

アメリカではトランプファミリーがいろんな重役に抜擢されていて、

娘とイヴァンカさんやその夫も注目されていますが、

さすがに血が繋がっていないし、マクロンファミリーみたいには出てこないかな?

って思っています^^;

 

 

前夫との離婚理由は?

 

17歳で恋をしてから、結婚したのが15年経った後という情報があるので、

マクロンさんの恋が実ったのは32歳の時なんですね。

 

出会った時は普通に家庭を持っていたブリジットさん。

15年の間に、いろいろな心境の変化があったんでしょうね。

元夫との間にどんなことがあって離婚になってしまったのかはわかりませんでしたが、

もしも、もしもブリジットさんが若くて情熱的なマクロンさんに気持ちが傾いてしまったのだと

したら、旦那さんはちょっと気の毒ですね^^;

 

それだけブリジットさんが魅力的な女性だったと言うことですが、

子供たちが全員自立したらとか、時期も考えていたのでは無いかなぁと思います。

 

次女の年齢的に、弁護士になれた後とか?

 

50歳を超えて、30代の旦那さんをゲットできるなんて

世の中の女性たちにある意味希望を与えたのでは無いかなぁって思っちゃいました^^

 

 

 

新大統領が作るフランスがどうなっていくのかも気になりますが、

夫人もこれからいろんなところで注目されていきそうですね!

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

スポンサードリンク