(実写版)美女と野獣の魔女の正体は?村に住んでいた理由は?

(実写版)美女と野獣の魔女の正体は?村に住んでいた理由は?

こんにちわ!

 

今日はずっとずっと楽しみにしていた美女と野獣を観てきました^^

いや〜良かった!本当に良かった!!

音楽も素晴らしくて映像も綺麗で・・・

私はアニメ版の美女と野獣をしっかりと観たことがなくて、

なんとなくダンスシーンの映像だけ知っている状態だったので、

細かいストーリーなど知らずに観ました。

 

なので、実写版に先入観なく見ることができたので、

これが美女と野獣のストーリーなんだなって

すんなり入ってきました。

 

 

その中で気になったのは、「魔女」の正体

野獣や使用人達に魔法をかけた魔女について気になりました。

 

今日は実写版の美女と野獣のネタバレや考察を徹底調査したいと思います!

 

スポンサードリンク

 

あらすじは?

 

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。

 

呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。

 

それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──

 

その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…? 

引用:作品情報|美女と野獣|映画|ディズニー

 

映画内ではミュージカル的にところどころ大合唱が始まります^^

これぞディズニー映画って感じですね!

個人的にオススメは字幕版ですね〜。

やっぱり口と声が合っていますし、よりリアルに楽しめることができます^^

日本語吹き替えも見ましたが、個人的にエマワトソンの声を知ってしまているからか、

声があっていないように感じてしまいました^^;

 

もちろん歌声がとっても綺麗です!

これはもう好みの問題かもしれないですね^^;

 

 

スポンサードリンク

 

 

魔女の正体は?

 

嵐の夜、暖を求めて城を訪ねてきた老婆を拒絶し、みすぼらしいと笑い飛ばす王子と使用人たち。老婆はたちまち魔女の姿になり、城中に呪いをかけます。

このストーリーはアニメーションと同じようですね!

見た目で判断してしまった人たちに罰を・・・

ということで、魔女は城にいるすべての人に魔法(呪い?)をかけて、

村の人たちからもその人たちや存在の記憶を消してしまいます。

 

ガラスに入ったバラの花びらが散った時に、

野獣は一生野獣のまま、使用人達は一生元に戻ることはなくただの家具や食器の

ままになってしまうという魔法。

 

物語の最終章で、野獣はガストンに撃たれ倒れてしまいます。

それが致命傷だったのかどうなのかはわかりませんが、

最後の花びらが無残にも散ってしまい、

野獣はベルの目の前で息を引き取り、使用人達は動かなくなってしまいます。

 

 

ここにシーンはかなり涙腺崩壊しましたね〜。

野獣が死ぬところというよりも、使用人達が動かなくなっていく時が特に・・・

ポット夫人とチップのあたりはかなりやばかったです。

やっはり親子愛というか、家族愛に弱い私・・・^^;

 

 

しか〜し!!!

死んでしまった野獣に泣き崩れ、キスをしたベル。

その背後に登場したのが・・・

 

なんと、村で物乞いをしていた「アガット」!!!

 

この人、ガストンに縛られて狼の餌にされそうにされていたモーリスを助けたりと、

何かあるな〜と思っていたのですが、やっぱり重要人物でした!

 

最後のこのバラに魔法をかけてガラスを割ったあたりのアガットさん、

なんだか若返っているように見えたんですが気のせいかな?

魔女はいろんな年齢に姿を変えられるってこといいんですかね?笑

 

 

そんなこんなで魔女(アガット)の計らい?で、

バラが散ってしまった後だけど、

ベルの想いを聞いてみんなを生き返らせてくれました!

 

 

村に住んでいた理由は?

 

 

魔女なので、別にその村に住んでいる必要はなかったんじゃないかなぁなんて

感じてしまいましたが、

城に魔法をかけてから何年も村で物乞いをして暮らしていたことになります。

 

「行き遅れた女性の末路」

 

として最初の方でガストンがアガットのことを示していました。

 

わざわざ大変なおもいをしながら村に住み続けた理由は?

 

これはいろんな解釈ができますが、

野獣がいつか見かけではなく真実の愛に気づくのを待ちたかった

それを近くで見たかった

のかなぁと私は思いました。

 

実は冒頭からラストまで貧しい浮浪者アガットに扮した魔女は、

語り部として物語全体を観察者として見つめ続けていました。

 

今までずっと魔法で隠れていてたどりつくことができなかった城に

モーリスが入れたことは、

実は変わり者として笑われていたベルの本質を見抜いていた魔女が

ベルを城へ向かわせるためにわざと父親を城へたどり着かせたのではないかなって思います。

 

この美女と野獣は、目に見えるものだけで判断せずに、しっかりと物事の本質を見極めることの

難しさや大切さが伝わるお話ですね。

 

 

個人的な感想

 

 

本当に個人的な感想として、

ベルがとにかく可愛い!綺麗!!

野獣もアニメーションにあるような可愛らしさはなく、本当に野獣。笑

そして私はガストンの顔が王子様よりもかっこいいのでは?

と思ってしまいました。笑

実際に王子様が登場した時に

「ちがーーーーーーーーーーーーーう!!!!」

と心で叫んでしまいました^^;

 

でもまぁダンスシーンとか本当に素敵でした!

まだ見ていない方は是非見ていただきたいですね^^

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)