チャランポランタン小春のバイリンガルの理由や彼氏は?大道芸の収入は?

チャランポランタン小春のバイリンガルの理由や彼氏は?大道芸の収入は?

こんにちわ!

 

今日は同じマンションのお友達と近所の公園に遊びに行きました^^

最近かなり天気もいいし、むしろ暑いくらいなので

そろそろ日焼け止めや帽子をしっかりしておかないとあっという間に

真っ黒になってしまいそうです^^;

 

 

さて、今日から私の好きな番組の一つ

「今夜くらべてみました」

の放送時間が変わりゴールデン進出!!!

 

 

初回は2時間スペシャルなのですが、

ゲストに気になる名前がありました!

 

チャラン・ポ・ランタンの小春さん!

 

なんだその人!?

一瞬お笑い芸人なのかと思ってしまったのですが、

なんとれっきとしたアーティストさんでした!

 

私は初めて知った方なのですが

(すいません)

なんとあの昨年大ブームになった

 

「逃げるは恥だが役に立つ」

 

で、オープニングを担当したのが

チャラン・ポ・ランタンです!!!

 

バイリンガルチームで番組に登場するのですが、

なんだかコミュ障とか、とにかく人と話したくないとか

書かれていて、そんな人がバラエティに出るなんて

珍しいな〜と思いました。

 

 

今日はそんな小春さんについてまとめてみました^^

 

スポンサードリンク

 

 

プロフィールは?

 

 

小春(こはる)

生年月日 1988年11月21日
出身地 神奈川県(出生は千葉県)
出身校 和光学園高等学校
アコーディオン担当・作詞・作曲
母親はグラフィックデザイナー・イラストレーターのまつながあき

引用:ウィキペディア

 

妹に「もも」さんという方がいて、

二人でチャラン・ポ・ランタンとして活動しています。

 

小春さんがアコーディオン、ももさんがボーカルをしているようです!

作詞、作曲家として楽曲の提供やライブでのコラボを行っています。

 

実はチャラン・ポ・ランタンって大道芸人としても活動していて、

もともとは大道芸人がメインだったとか?

 

場所は上野恩賜公園の広場の一部で、

最初は小春さん一人で行っていたそうです。

 

たまに路上でライブしている人とか見かけますが、

小春さんの場合は大道芸人!

 

人と話すのが嫌だということですが、

人前に立つことは大丈夫なんですね!

 

アコーディオンを始めたのは7歳のとき!

シルクドゥソレイユを見たことがきっかけだったようです。

 

人見知りが辛くて「人となるべく会話をしないで生活したい、

仕事をしたい」

という思いから、

17歳の時に東京都が大道芸のライセンスを認定する制度

「ヘブンアーティスト」

に見事合格して、活動を開始しました。

 

初めて知ったのですが、

大道芸人をするのってきちんとライセンスが必要だったんですね。

 

しかももともとが人と話したくないからと大道芸人の道を進んでいったのですが、

大道芸人として生き抜くためにコミュ障も改善していったそうなんです!!

 

プロの大道芸人として、一回一回ショーのつどに見物人からしっかりとお金を手に入れるために『恥も外聞も捨てた事」が克服のキッカケだそうです。

 

大道芸人の活動だけしていてもお金ってそれほどもらえなそうですもんね^^;

お金を稼ぐにはそれなりのトーク力というか、

対人スキルが必要だと思います。

 

そういった意味で、大道芸人になったことで対人スキルも上がって、

音楽スキルも上がって今や大注目されているなんて

人生何があるかわからないですね〜!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

この曲がチャラン・ポ・ランタンが世間一般に名前を知られた

きっかけだったのではないでしょうか?

 

姉妹でよく似ていますよね^^

 

今夜くらべてみましたでは、

人と関わりたくないから妹のももさんに付き添ってもらったなんて

話があるようなので、

そのあたりのトークも楽しみです^^

 

そしてどう見ても日本人ですし、

海外生活もないような感じなのですが、バイリンガル・・・?

 

どの言語を話せるのか、なんでバイリンガルなのかその辺がものすごく

気になりました!

 

 

本人はツイッターで日々の活動をツイートしているのですが、

今ノリに乗っているというか

音楽活動を楽しんでいるような気がするので

過去に彼氏はいたようですが、結婚などはまだまだなんじゃないかなぁと思います^^

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

放送後に何かあれば追記したいと思います^^

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)