じゃがいも不足(2017)原因や解消はいつ?ポテチは高値でも売れる?

じゃがいも不足(2017)原因や解消はいつ?ポテチは高値でも売れる?

こんにちわ!

 

今日は子供が久しぶりに一時保育の日だったので

貴重なおひとりさま時間でした!

 

電車で出かけたのですが、ベビーカーがないことと

一人で電車に乗れるということの開放感がすごかったです^^笑

 

トレンチコートを着て出かけたのですが、

途中から暑くて暑くて、着る服間違えたなぁ〜と思ってしまいました^^;

 

 

 

さて、最近じゃがいも不足で各社のポテトチップスが

製造中止に追い込まれていて話題になっています。

 

私は普段そこまでポテチを食べる方ではないのですが、

友人の家に遊びに行く時とか、ピクニックの時には欠かせないアイテム

の一つになっています。

 

そんなポテトチップス、

中止になるものとそうでないものがあるのですが、

なんとオークションやらメルカリやらで高値になっているという

ことで話題になっていました。

 

なんじゃそりゃ!!!

って思うのですが、

実際に買う人はいるのでしょうか?

そうまでして欲しいとか?

 

そしていつ頃生産再開するのかも気になったので調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

 

ピザポテトの休止が前倒しへ!?

 

もともと4月22日から休売を予定していた商品「ピザポテト」について、

休売日を12日に前倒しにすることが発表されました!

 

休止の理由は原材料である馬鈴薯(じゃがいも)不足に

よるものなのですが、

休止が前倒しになったのは需要が急増したから、ということのようです。

 

同社は先日、昨年の台風被害で北海道産じゃがいもが不足している影響で、「ピザポテト」全サイズなど15商品を22日より休売すると発表していた。これにより10日からネットオークションやフリマアプリでは「ピザポテト」が割高な価格で出品されるケースが続出していた。

 商品の販売再開は、めどが立ち次第あらためて公式サイトなどで案内するとしている。「お客様ならびに関係各位におかれましては、大変ご迷惑をお掛けいたしますことを心からお詫び申し上げますと共に、今後も引き続き弊社商品をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます」(カルビー公式サイトより)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000039-it_nlab-life

 

 

需要が急増したというのは、

ポテチファンの買占めではなく、転売屋の買占めが原因のようですね・・・。

 

私も近所のスーパーをチラッとみてみましたが、、

すでに休止の商品は姿を消していました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

高値でも売れる?

 

 

実際にどんな感じで売られているのか見てみると・・・

 

 

 

なんかもう訳がわからない値段になっていますね^^;

 

この値段のものは大量発売という金額なのですが、

1つの価格の最安値は300円でした。

 

気になったのは、一つの販売ってどんな風に送るんでしょうか?

普通に封筒に入れて?

梱包しても中身が粉々になっている可能性もありますよね。

 

 

何人かの出品者の説明には

「粉々になっていてもクレーム返品は受けない」

と書いてありました。

 

大量購入の場合はダンボールに入っているでしょうけどね。

 

ちなみにこんな価格でも売れているものもありました。

 

 

 

Amazonでも現在はプレミア価格で販売されています。

 

 

 

この現象は、きっと販売再開するまで続くんじゃないかなぁと思います。

まぁその前に賞味期限の問題がきてしまいそうですが^^;

 

 

スポンサードリンク

 

 

じゃがいも不足の原因と解消はいつ?

 

 

大きな原因は昨年北海道を直撃した台風の影響で、深刻なじゃがいも不足

となってしまったようです。

昨年は

3つの台風が北海道に上陸、収穫間近だったジャガイモは水没し根腐れしてしまった

そうです・・・。

 

じゃあ一体そのじゃがいも不足はいつまでなんだろう?

と思ったらこんな記事を発見しました。

 

ジャガイモを冬の間、雪の下で眠らせて熟成し糖度を高めた品種をはじめ、例年約400トンを全国に出荷しています。ところが―

「うちで言うと3割減収、7割しかとれていないということになります」
Q.ひどい所は?
「去年の台風の影響で、水が溜まって収穫出来ない農家もいるので(収穫が)半分という人もいる」(村上農場 村上知之社長)

北海道では秋ごろに収穫したジャガイモを少しずつ出荷するため、いまも倉庫の中には…。

「うわーすごい…全部ジャガイモですよね、すごい数ですね」(山中真アナウンサー)
「この時期でも(平年は)3段積みになってもっとたくさん…」(村上知之社長)

確かに出荷元でも少なくなっていたジャガイモ。では生産者から見て価格への影響はいつまで続くのか、思わぬ答えが返ってきました。

「種イモがなくて撒けなくて。撒きたくても撒けない」(村上知之社長)
Q.種イモ不足?
「はい」

次のジャガイモを作るための種イモにも被害が出ていたのです。

Q.まだスーパーで高い?
「(高値が続くのは)予想される」(村上知之社長)
Q.影響は何年続く?
「2年とか3年…」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-10000001-mbsnews-l27&p=2

 

ええええええええええええ〜〜〜〜〜〜!!!!!

まさかの2、3年も影響が続く可能性が!!!

 

というかポテトチップスだけでなく、

家庭で使うじゃがいもの価格にも影響が出そうですよね。

 

我が家でもじゃがいもは重宝しているのですが・・・

高値になったら購入は考えてしまいます。

 

マクドナルドなどのポテトは海外のものを輸入しているので問題はないようですが、

国内産を使っている会社などには多大な影響が出ているんですね。

 

 

このじゃがいも不足が解消しない限りポテトチップスは復活しないでしょうが、

完全に復活しないまでも、生産数少なくても販売再開できる日が早くくればいいのになぁと思いました。

 

いくら不足しているとはいえ、農家さんたちもこんな風に

転売に使われるために作ったわけではないと思うので、

また復活するまで休止になっていないものでポテトチップスを楽しみ

たいな〜と思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)