いだてん~東京オリムピック噺(2019大河)の内容は?朝ドラみたい!

こんにちわ!

 

学生のころから大河ドラマを見るのが好きで、

毎年楽しみにしているのですが、

今日2年後の2019年の大河ドラマが発表されましたね〜!

 

大河ドラマって時代劇というか、

結構昔の歴史物が多いし、

戦国時代とか、やっても明治あたり?までな印象だったのですが、

なんと2019年はオリンピック招致の話!

 

オリンピックな時点で一気に現代感が増しますよね!

 

最初にニュースで見たときに

「え?大河?朝ドラの間違いじゃなくて?」

 

って驚きました。

 

タイトルは、

いだてん~東京オリムピック噺

 

一体どんなお話なのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

現在発表されている内容は?

 

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の脚本を手掛けた宮藤官九郎(46)が、初めて大河ドラマの脚本に挑む、2019年放送の第58作目のタイトルが『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』に決定し、主演が歌舞伎俳優の中村勘九郎(35)と俳優の阿部サダヲ(46)に決まった。3日、東京・渋谷の同局で発表された。

チーフ・プロデューサーは訓覇圭氏、演出を担当するチーフ・ディレクターに井上剛氏と『あまちゃん』(2013)スタッフが集結する今回の大河ドラマ。東京オリンピック開催を間近にした2019年ということもあり「オリンピック」の歴史を題材に、宮藤流の“痛快&壮大な大河ドラマ”を制作する。

 中村は“オリンピックに初参加した男”金栗四三(かなくり・しそう)役で、阿部は“オリンピックを呼んだ男”田畑政治(たばた・まさじ)を演じ、2人の主役をリレーしながら、1912年「ストックホルム」から、1936年「ベルリン」、1964年「東京」までの3大会を中心に、“知られざるオリンピックの歴史”と激動の52年間を描く。

 語り手は“落語の神様”古今亭志ん生を起用。架空の落語『東京オリムピック噺』の軽妙な語りにのせ「笑いの絶えない」日曜8時のドラマを目指す。さらに、志ん生自身の波乱万丈な人生もドラマに挿入。 生粋の江戸っ子である志ん生の目線で、明治から昭和の庶民の暮らしの移ろい「東京の変遷」を映像化していく。

 また、映像化にあたり、今回は大河ドラマ初の「4K制作」にも挑戦する。関東大震災、東京大空襲、高度経済成長……、明治から昭和へと変貌する首都・東京の移り変わる「町並み」を表現する。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000327-oric-ent

 

脚本が宮藤官九郎さんということで、それだけでも期待大なのですが!!

しかもあまちゃんのスタッフを集結するということで、

話題になっていますね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

キャストは?

 

W主演ということで、

中村勘九郎さんと俳優の阿部サダヲさんが発表されていますね!

ヒロインなどはまだ未定なのかな?

というかヒロインとかいるのかな?^^:

 

中村勘九郎さんは「新撰組!」で藤堂平助役で出演していましたし、

阿部サダヲさんは現在の「おんな城主 直虎」で

徳川家康役として出演しています!

 

今後キャストがどんどん発表されていくのでしょうが、

クドカン作品なのでコミカルで軽快な作品になるのではないかな?

と思います。

 

またキャストがわかり次第追記したいと思います!

 

 

スポンサードリンク

 

 

ネットの反応は?

 

東京オリンピックを前にしてこの作品なので、

非常に話題性はあるのですが、

私のように「朝ドラみたい」って思った人も結構いるようです。

 

もちろんこの時代を大河ドラマでやることが新鮮ですし、

「面白そう!」

という意見もありました。

 

 

 

 

まぁみなさん色々思うところはありますよね^^;

 

時代的には大河ドラマっぽくはないかなぁと思いますが、

1年というスパンでその時代がどう描かれるのか楽しみです!

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)