釜山少女像の日本人謝罪文は自作自演?差出人の笹倉千佳弘は本物?

釜山少女像の日本人謝罪文は自作自演?差出人の笹倉千佳弘は本物?

こんにちわ!

 

明日は節分ですね^^

スーパーに行っても豆や鬼のお面や恵方巻きが売っていて、

今年の節分は何かやろうかなぁ〜?

なんて考えています。

 

昨年は息子が1歳だったので豆まきはしなかったのですが、

鬼のお面(結構可愛いやつ)をかぶったら、

ものすごい怒って泣き出しました^^;

 

今年はそこまで泣かないと思いますが、

「いい子にしてないと鬼が来るよ」

と言うと、

「おにこない!」

と拒否しています。笑

 

明日またお面かぶってみようかな〜。

 

 

 

さて、韓国でずっと問題になっている

少女像に、日本人から謝罪文があったと言うことでニュースになっていました。

この問題は、歴史的に良くなかったことだとは思いますが、

韓国に謝罪として政府から多額の慰謝料的なものが支払われているのに

いつまでたっても騒ぎがおさまらず、

韓国人の人は一体何がして欲しいんだろう・・・と疑問を感じたりしています。

 

そんな少女像に日本人から謝罪文。

しかし、この手紙が自作自演なのではないかと

話題になっていたので検証してみました。

 

スポンサードリンク

 

概要は?

 

釜山市東区の日本領事館前に昨年末に設置された「平和の少女像」に日本人が花束と謝罪の手紙を置いていった。

釜山の市民団体「釜山ギョレハナ」によると、旧正月の先月28日、日本領事館前の平和の少女像に一通の手紙があった。手紙の表には「山本真也・明子」「笹倉千佳弘」という名前が見えた。日本人3人の名前と推定される。手紙の横には黄色のフリージアの花束が置かれていた。手紙にはハングルと日本語で「一人の人間として、哀悼の意を表します。一人の日本人として、謝罪します。誠に、申し訳ありません」と書かれていた。

この手紙は、少女像設置で韓日間の外交葛藤が深まり日本現地でも関連の報道が続いた後の先月28日、日本人観光客が置いて行ったと推定される。その間、少女像を訪れて写真撮影をする日本人は時々いたが、謝罪の手紙を置いて行ったのは初めて。

この手紙は現在、少女像を管理する「釜山ギョレハナ」が保管中だ。釜山ギョレハナは最近、訪問客が少女像に置いて行く物品が増えたことで毎日、整理整頓している。

ユン・ヨンジョ釜山ギョレハナ政策局長は「少女像を訪問する日本人は多かったが、このように公開的に謝罪の意を表現したのは初めて」とし「歴史を歪曲する日本政府とは違い、日本の過ちを謝罪する日本人がいて有難く思う。こうした状況で日本人が謝罪するということ自体が意味深い」と話した。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000004-cnippou-kr

 

スポンサードリンク

 

自作自演の噂は?

 

まずこの手紙が自作自演だと言われているのが、

手紙の差出人の文字が書きなれていないような拙いこと、

ハガキの使い方がおかしい?ことなどが理由としてあげられています。

 

Open2chまとめ___【韓国】また、自作自演か?「日本人として誠に申し訳ありません」…釜山少女像の前に花束『どうせ在日だろ_日本人のふりするな』

 

 

釜山少女像に日本人3人の謝罪の手紙キタ━━━━_゚∀゚_━━━━_____2ちゃんねるスレッドまとめブログ_-_アルファルファモザイク

 

日本人ではなく在日の方なのでは?と言う意見もありました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

差出人の笹倉千佳弘って?

 

3人の差出人の名前が書いてありますが、

夫婦の名前はよくあるような名前でしたが、

「笹倉千佳弘」と言う名前は珍しかったので

話題になっていました。

 

そして調べたところ、

この名前で実在する人物が過去にブログで

「負けるな!北星」と「大阪弁護士会による橋下大阪市長批判」のエントリーがありました。

 

子ども文化総合研究所ブログ

 

 

 

そしてこの人物を調べると、

笹倉千佳弘さんは「こども文化総合研究所」の事務局長で、

その講演会に演者として2012年山本真也が参加(山本明子は妻)とあります。

色々と活動しているようですが、

この三名の名前が書かれていたのは偶然?

それとも本当にこの本人たちが書いたものなのでしょうか?

 

でも繋がりのある同名の三人がいると言うことがわかったので驚きました。

 

 

私にも韓国人の友人がいますが、

韓国で加熱しているのは1部でみんながみんなそうではないと言っていたので、

早くこの問題が収束してくれればいいのにな〜と思いました。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)