チョンユラが母チェスンシルと仲が悪い?関与否定の言い訳がひどい?

チョンユラが母チェスンシルと仲が悪い?関与否定の言い訳がひどい?

こんにちわ、エルです^^

 

今日のワイドショーを見ていたら

久しぶりに韓国ネタが多かったですね〜。

 

先日デンマークで拘束されたチェスンシルの娘の

チョンユラさんのことで持ちきりでした。

この拘束も、なんでデンマークで?

と思いましたが、韓国のメディアが突き止めたのだとか・・・。

そこまでしてしまう報道陣もすごいです。

 

 

チョンユラさんに関しては何が真実なのか、

そもそも本当のことを話しているのかも謎ですよね。

 

今回はこのチョンユラの

今わかっている発言や情報をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

チョンユラって?

 

 

「能力が無ければお前らの両親を恨め。私達の両親にいちいち不満を言うな。金も実力だ。
不満なら種目を変えなきゃ。お前らは他人の悪口を言うのに忙しいから、
いくら違うことをしてもそもそも成功できるのか?」

 

これはチョンユラがフェイスブックに載せて大炎上した発言です。

韓国の若者たちも大勢デモに参加していましたよね。

結局韓国文部科学省によりチョンユラの梨花女子大学入学

取り消し処分が決定された、

彼女の最終学歴は高卒となりましたが、清潭高校でも不正が発覚しそちらも

卒業取り消しとなりそうです。

 

整形もすごいと話題になっています^^;

チョンユラ(チェスンシル娘)の整形画像は?子供(息子)は母親似?

 

拘束された時の彼女は、

デンマークで家賃24万円の家に

夫・子供・家政婦。ボディガードと生活をしていたようです。

 

 

母親のチェスンシル氏は娘のことを溺愛していたようですが、

娘のチョンユラは「母とは仲が悪く連絡もとっていない」

というような発言をしていますよね。

 

え?本当に?

こんな金銭的に支援してもらっているのに?

 

 

なんて突っ込んでしまいました^^;

 

スポンサードリンク

 

母親と仲が悪い?

 

拘束された時のインタビューでは、

妊娠、結婚をきっかけに母親であるチェスンシルとの仲が

悪くなったということを言っています。

 

どうやら旦那さんになった男の印象が悪かったようですね。

そりゃあ自分の大事な娘が10代でよくわからない男と

結婚するなんて言ったらあのチェスンシル

はかなり怒りそうですよね・・・。

 

本人曰く、財産放棄の書類に印を押しているとか、

連絡は乗馬関係の人を通してしていると言っていますが・・・

 

なんだか怪しいですよね。

 

でもワイドショーで、

母親のチェスンシルが娘と彼氏を引き離すために

韓国の暴力関係の人に依頼をしていたなんて話もありました。

 

結局暴力団関係者の方が断ったようですが・・・

 

 

なんとも物騒ですね。

お金を払えばなんでも叶えられると思っているようです。

 

一連の事件に関しても、

自分には書類に目も通していないし、サインしただけ。

大学も一回も通っていなかったので退学したかったけど、

母親と学校に行って、母親が何か話したら

単位をもらうことになっていた。

 

なんて全部全部母親に責任をなすりつけているように

見えると話題になっています。

 

韓国・朴槿恵大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件で、デンマークで拘束された崔被告の娘は、関与を否定した。
1日にデンマークで拘束された崔被告の娘、チョン・ユラ氏は、「わたしが赤ちゃんを産んでから、あまりたたないうちにドイツに来ました」と話した。
2日に裁判所で行われた勾留期間延長に関する審理の際に、韓国メディアの取材に応じた。
チョン氏は、「(子どもと一緒なら韓国に帰る?)はい。(子どもは)保育園に居ても、社会団体に居ても、病院に入院してもかまわないです」と語った。
チョン氏は、この日の審理で、サムスンが巨額の支援を行ったとされる疑惑について、「母がサインを要求したので、複数の書類にサインしただけ」として、自身の関与を否定した。

 

スポンサードリンク

 

拘束はされましたが、

このチョンユラさんは、韓国に行っても息子(1歳9ヶ月)と一緒に

いられるということが保証されているならいつでも帰国すると

言っています。

 

この後に及んでかなりの強気発言ですが、

母親の不正に関しても妊娠していたから知らないなど、

時期的に筋が通らないあやふやな発言をしているので

何かを隠しているのか、言い逃れをしたいのかもしれません。

(あくまで個人的な意見ですが・・)

 

 

 

最近は落ち着いていた韓国問題。

ここにきてまた加熱していきそうですね。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)