【箱根駅伝2017区間賞まとめ】記録タイムや2016年との比較も!

こんにちわ、エルです!   もうすぐ2016年も終わり。 毎年この時期になるとあっとゆうまの一年だったなぁ〜 と感じてしまいます。   もっとこ...

こんにちわ、エルです!

 

もうすぐ2016年も終わり。

毎年この時期になるとあっとゆうまの一年だったなぁ〜

と感じてしまいます。

 

もっとこうすればよかった、来年はこうしたい!

なんて反省や目標をたてたりする時期なのですが、

2016年はよく風邪をひいたり、手術のため入院したり、

もっと健康面の強化が必要だと感じました。

 

まぁどうにもならないこともありますが^^;

 

2017年は体調管理ももっとしっかりしたいです。

 

さて、年越しということは、

一大イベントで「箱根駅伝」がありますね。

 

毎年たくさんのドラマや感動のある箱根駅伝。

筆者の母校は毎年出場している学校なので、

大学時代は友人たちと応援に行ったこともあります!

 

そんな箱根駅伝、今年はどんな走りが見られるのでしょうか!?

 

スポンサードリンク

 

今年度の見所は?

 

箱根駅伝の4区5区の距離が12年ぶりに元に戻るそうで、

4区の距離が伸び、5区の距離が短縮されます。

 

近年5区のゴール手前で途中棄権の学校があったり、

涙なしには見られない時もありますね。

 

特に山の神といわれる存在の活躍が見られる5区は、

箱根駅伝の見所でもありますが、

今年度は様子が少し違いますね。

 

そして4、5区のコース変更に伴い、各校の戦略も例年と違ってくる可能性が高いです。

 

今までは5区の山上りにはエース級の選手が多く起用されていましたが、

距離が短くなってことで、山上りのスペシャリストを呼べる選手を

配置し、距離の長くなってしまった4区に誰を配置するのか

注目されています。

 

ギリギリまで各校調整しているのでしょうが、

どの選手がどの配置になるのか今から楽しみです!

 

スポンサードリンク

 

 

2016年区間賞は?

 

2016年に区間賞の選手も引き続き

エントリーしているので注目ですね!

 

  • 第1区(21.3km) 1:01:22 久保田 和真 (青学大)
  • 第2区(23.1km) 1:07:04 服部 勇馬 (東洋大)
  • 第3区(21.4km) 1:02:24 秋山 雄飛 (青学大)
  • 第4区(18.5km) 0:55:17 田村 和希 (青学大)
  • 第5区(23.2km) 1:18:24 ダニエル・ムイバ・キトニー  (日大)
  • 第6区(20.8km) 0:58:09 秋山 清仁 (日体大)
  • 第7区(21.3km) 1:03:08 小椋 裕介 (青学大)
  • 第8区(21.4km) 1:04:21 下田 裕太 (青学大)
  • 第9区(23.1km) 1:09:47 井戸 浩貴 (早大)
  • 第10区(23.0km)1:10:07 渡辺 利典 (青学大)

 

スポンサードリンク

 

2017年度区間賞は?

 

箱根駅伝2017の往路の区間賞ですが

今大会で「2区」と「4区」にどの選手が来るのか

注目されています。

 

また距離の伸びた4区で

どのような走りを見せるのか楽しみですね!

 

陸上競技マガジンの

「箱根駅伝2017完全ガイド」

によると

4区の注目選手として

田村和希(青山学院大学)

武田凛太郎(早稲田大学)

の名前が挙がっています。

果たしてこの予想が的中するのでしょうか?

 

 

区間賞の発表があったら随時追記していきます。

 

 

PREV:紅白歌合戦2016星野源の動画は?恋ダンスでガッキー共演?
NEXT:SMAP言及のセクゾ菊池は大丈夫?ジャニーズの縛りや闇って何?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です