東海林弘靖(照明デザイナー)の代表作品と年収は?大学や家族も!

東海林弘靖(照明デザイナー)の代表作品と年収は?大学や家族も!

こんにちわ、エルです。

 

 

年末の大掃除、一気にやるのが大変そうなので

少しずつやっていこうかなぁ~なんて思ってはいるのですが

子供がいると作業が全然進みません・・・。

 

洋服ももう少し断捨離したいところなのですが、

掃除や片付けって根気が必要ですね。

 

さて今回は、12月5日のNHKプロフェッショナル仕事の流儀に

登場する、

 

照明デザイナーの東海林弘靖さん

 

「心地よい暗さ」を生み出すのが得意な人で、

商業ビルから公共施設まで様々な場所の照明を手掛けています!

 

私もギラギラとした明るさよりも

あたたかみのある照明が好きです^^

 

東海林さんの代表作なども調査してみました!

 

スポンサードリンク

 

プロフィールは?

 

名前:東海林弘靖(しょうじひろやす)

生年月日:1958年生まれ

学歴:工学院大学・大学院建築学専攻修士課程修了

職業:LIGHTDESIGN代表取締役・照明デザイナー

出身:福島県福島市

在住:東京都中央区

 

中学生の時に父が自宅を新築したのですが、その際に建築士の仕事を近くで見て、子供ながらにその面白さに魅かれたのが建築に興味を持ったきっかけです。その頃からわくわくしながら簡単な間取り図を書いてみたりしていましたね。それから大学進学にあたって、工学院大学の建築学科に進むことになりました。

出典:http://www.japantwo.com/ja/people/lightdesign.php

 

小学校時代は転校を繰り返していたそうですが、

中学の時に家を新築。それが大きなきっかけとなって

建築業界に興味を持ったそうです。

 

「人とは違った付加価値のある建築家になればいいんだ」と思うようになり、ちょうどその頃に出会ったのが建築照明でした。今まで学んできた建築に照明という付加価値をつけることで、なんとなく新しい世界を感じたのが今に繋がっています。

 

大学に行くと現実的に建築家になるには家柄も重要だと

思ったようです。

たしかに建築家の親がいるとそのまま近くで仕事が見れたり、

早くから任せてもらえたりしそうですよね!

 

そこからオンリーワンの存在になれるように

視点を変えることができるってすごいなぁと思います!^^

 

ご家族は奥様、息子、娘の4人家族で、

息子さんは早稲田大学だそうです!

父の背中を追って息子も専門的な職種につくかもしれないですね!

 

 

スポンサードリンク

 

年収は?

 

インタビューによると、

依頼を受けるのは年間約20プロジェクトです。建築なので2~3年かけて創り上げたりも するため、常時約50プロジェクトが動いているような状態です。既存の建物に照明を施すだけではなく、ほとんどのプロジェクトで、建築やランドスケープの設計段階から参加しているので、照明に照らされる壁の素材も一緒に選んだりしています。プロジェクトの流れとしては、まず設計者からプロジェクトの概要やコンセプトを説明いただくのですが、それを受けて、照明デザインの考え方を提示していきます。そして具体的にイメージを共有するための光を図面に描いたり、模型に光を入れて検証をしたりしています。成果物としては、照明器具配置図や仕様図、リストに照度計算書なども提出しながら、現場での実験、最終調整を経て完成といった運びです。ただ、着工している間に条件が変わることもあるので、常時確認しながら進めていきます。

 

と答えています。

東海林さんは自身で会社も経営していますし、

東海林さんにお願いしたい!といってオファーしてくる場合も多いと

思います。

更に住所が中央区。

これって銀座とかあるところですよね??

 

年収は公表されていませんのであくまで予想ですが

何千万とかそういったレベルだと思います。

 

会社員勤めではこうはいかないですね^^;

 

スポンサードリンク

 

代表作品は?

 

MIKIMOTO GINZA 2

 

capd20161204_1

 

冨弘美術館

 

 

capd20161204_2

 

名古屋第二赤十字病院NICU

 

capd20161204_3

 

二子玉川ライズ

 

capd20161205

 

他にも数えきれないくらいの場所の

照明を担当しています。

ここも知ってる!あ、ここも!

というところばかりで本当にびっくりしました。

 

こういった業界の人の舞台裏って普段見ることはないので

番組でどんな仕事風景が見られるのか

とても楽しみです^^

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)