ドワンゴ川上が宮崎駿に怒られた内容や理由は?(動画あり)ネットの反応も!

こんばんわ、エルです^^   最近トトロの大好きな息子。 毎日のようにトトロを見ていて、 「ととろ!」 「かんたぁ~」 などところどころ真似していま...

こんばんわ、エルです^^

 

最近トトロの大好きな息子。

毎日のようにトトロを見ていて、

「ととろ!」

「かんたぁ~」

などところどころ真似しています^^笑

ちなみに私が一番好きなのは「もののけ姫」です。

はじめて映画館で見たときにものすごく心に響いたのを覚えています。

 

他にも「風の谷のナウシカ」とかも好きです^^

(基本ジブリは全部好き。笑)

 

先ほどNHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」

という番組がやっていて家族で見ていました。

 

宮崎駿さん、引退宣言していましたが短編アニメを作っていました!

その制作裏などを特集していて、おもしろいなぁ~と思ってみていたんですが、

 

途中でドワンゴの会長である川上さんに怒りをあらわにする場面があります。

今日はそのことについて書きたいと思います。

スポンサードリンク

宮崎駿が怒った理由は?

 

番組内容は、「引退を宣言した宮崎駿監督に2年間密着。宮崎駿がCG映画に挑戦する」

といったものでした。

その中で宮崎監督がジブリ美術館で流す予定の短編映画にCGアニメを使うという挑戦に密着。

CGの参考にするためか、ドワンゴの会長らから人工知能で動くアニメーションのプレゼンを受けます。

 

その映像は、結構衝撃的というか、我が家でも「気持ち悪い・・・」と

言葉を失うような感じでした。

 

ドワンゴ会長の川上量生さんは人工知能で動くアニメーションを

「動きが気持ち悪いんで…」と笑ってプレゼンしていましたが、

宮崎監督はどんどん顔がこわばって怒っているような雰囲気が伝わってきました。

ゾンビのように動くアニメに宮崎監督は

「身体障碍の友人を思い出して面白いと思えない。

これを作る人達は痛みとか何も考えてやっているでしょう。

極めて不快ですよ。なにか生命に対する屈辱を感じます」

と怒りながら持論を展開しました。

 

たしかにゾンビといえばそうでしょうが、正直なんでこれを宮崎監督に見せたのかなぁと思ってしまいました。

「生きる」

「命」

などをテーマにしたり、そういったことが感じられる映画を作る宮崎監督にゾンビ…

 

これに関してネットの反応も様々です。

スポンサードリンク

 

 

 

川上社長は「これってほとんど実験なので」と説明。

「ゾンビゲームに使えるんじゃないかと・・・」

と説明していましたが、たしかにゾンビゲームには使えそうだし、そういったところでは需要はあると思います。

 

でも、宮崎監督に一蹴されてドワンゴの方々は涙目になっていたり

言葉を詰まらせる場面もあり、

宮崎監督の大きさが画面から伝わってきました。

 

 

そして「人間が描くのと同じように絵を描く機械を作りたい」

といったドワンゴ側に対して

「人間の方に自信がなくなっている」

という言葉には、どこかハッとさせられました。

 

番組終盤で、宮崎監督が長編の構想を記した「長編企画 覚書」と書かれた書類を映し、

「この映画作れるだけの金かき集めてください。こういうことが起きるかもしれないですよ」

と笑いながら鈴木敏夫プロデューサーに話し、

「何もやってないで死ぬより、死んではならないと思いながら死ぬ方がいい」

と長編映画の製作の意気込みを語ったのが印象的でした。

スポンサードリンク

この番組のドワンゴのプレゼンの部分の動画はこちらにありました!

 

 

今回のことで、また長編映画復帰に意欲を見せた宮崎監督。

人工知能に負けたくないという闘志が伝わってきました。

CGアニメも今はすごくきれいだしおもしろいけど、

人の手で描くアニメーションも絶対になくなってほしくないなと感じました。

 

宮崎監督が復帰して長編映画を作るかどうか

今から楽しみです^^

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

PREV:田中将大が激怒しためざまし・とくダネ動画は?否定ツイート全文も!
NEXT:うまれてウーモの中身ネタバレ!口コミや遊び方についても!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です